INTP型のブログ

苦味があるな?

『黎明期はP型、市民権を得るとJ型』理論

※多分な偏見で構成されています

 

 

このツイートを見て思いついた

 

P型の世界観っていうのはなんていうかクソガキっぽいところがあって、騙すやつも悪いけど騙される奴も悪い。みたいなところがある。

 

「ねえねえここ見てみて」

「はい、バカが見る~豚のケツ~www」

 

みたいな煽りが流行ったり、

 

「ねえちゃんと風呂入ってる」

「え、姉ちゃんと風呂入ってるのwwwキモwww」

 

みたいなのが流行ったり。

 

J型の世界観だったら「何いってんだこいつ……」と、冷ややかな目で見られて終わりそうなところだけど、P型の世界観だと正面から向き合ってしまって、バカにしたやつも正面から食って掛かったやつも両成敗みたいな雰囲気になる。

 

---

 

インターネットの黎明期は間違いなくP型の遊び場だったと思っていて、それはJ型の考え方が「すでに評価されてるものを評価する」というのが軸にあるからだと思う。

 

P型は逆に面白ければオールOKという風潮がある。

 

だからJ型のが勉学をしっかりこなす傾向にあるし、P型はたとえ頭の回転が速いタイプであっても宿題すらやってこないタイプが多い。

 

※こうやって書くとJ型が流行りものに弱いタイプと見えてしまうけど、あらゆる人間は極端な性質を発揮するわけではないので、誰に人気がなくとも好きなものを好きと表現するJ型もそれは間違いなくいる。

 

話戻して、J型の考え方の軸が「すでに評価されてるものを評価する」にあるから、黎明期にJ型の姿はそこまで多くなかったと思う。

 

その結果冒頭のツイートのように、初期2chのような場所は、騙されるようなやつが来るのが悪いという雰囲気があったのではないかと思う(P型の世界観)

 

---

 

じゃあ現代はどうなのかと言えば、スマートフォンの登場から急激に市民権を得たインターネット社会に、J型が台頭し、J型の多い世界観になったような気がする。

 

J型はまともなので、人を騙すようなやつは悪質だと思うのではないかと思う。知ってるJ型エイプリルフールめっちゃ嫌いだし。

 

特にJ型は予定を立てて行動するタイプであるため、騙しの被害を受けやすい。嘘の情報を元に予定を立ててしまっていたら、腹が立つのも当然だと思う。

 

逆にP型は、騙される側が悪い理論でネタとして受け流すか、顔真っ赤にして真正面から食って掛かるかの2パターンに分かれる気がする。

 

昔であれば顔真っ赤にしてレスバしたなら更に煽られて死ぬほど悔しい思いをするだけだけど、現代であればJ型の中に紛れ込んで戦えるので楽そう。

 

---

 

まとめると

  • 「価値があるのか無いのか分からんものに時間を使うのがP型なため、何かしらの黎明期はP型が多い」
  • 「市民権を得始めると、価値あるものに労力を注ぐタイプのJ型が増加する」

って話。

 

この『黎明期はP型、市民権を得るとJ型』理論があるため、冒頭ツイートみたいに、ネタであっても嘘が断罪される世界観が形成される。

 

ってイメージ。

 

J型が多い世界はある種治安が良いと言えるのだけど、逆に言えば息苦しさもあると言えばある(意味もなく嘘ついたりするP型は特に)

 

インターネットは間違いなく価値のある世界になったし、そんな価値ある世界をJ型が見逃すわけがないので、黎明期と比較したなら明らかにJ型のが増えたと思う。

 

大抵、P型が思いつきでやることより、J型が組織的に作り出すもののほうがハイクオリティなのも大きい。

 

昔に比べて炎上しやすくなったと言われるけど、それも断罪者の性質を持つJ型が増えたからじゃないかなと思う。

 

というか別に昔から炎上自体はあったけど、P型の炎上とJ型の炎上は性質が異なる。J型系炎上はネットニュースになるけど、P型系炎上は私刑タイプが多い。数自体は前者>後者になるかなとは思う。団結しやすいJ型と、団結しにくいP型を考えればそうなるはず。

 

---

 

この話は「ああ、昔のP型ばっかのネットで遊びてー」って話ではない。P型世界はガキっぽいので、金の話が出てきた瞬間に嫌悪感を示す人が多い。嫌儲が顕著な例な気がする。

 

そもそも嫌儲感覚は人類が本能的に持ち合わせているものだと考えられていて、だからこそ本能ベースのP型はこの思想が強いのだと思う。J型はリアリストな面があるため、金の話に拒否感が少ない。好きな人が何なら多い気さえする

 

だから、ネットで食っていける世界観が形成されたのも、J型が増えたおかげだと思うので、「良し悪しだよね」って話でしか無い。

平均給与倍 + 労働時間半分になったら幸福になる理論

願望って意味ではわかるんだけど、マジのガチで「いけるでしょ」と思っていってる人がいるんだとしたら「おまえ社会主義国家とか運営しだしそうだよな」って思う。

 

労働者にとってそりゃあ夢のような条件だろうけど、逆に言えばそれは経営者にとっては地獄のような条件なわけで、それでも経営者がそれをやるんだとすれば、かつて社会主義国家を理想国家と考えて強行してた奴らと本質的にはおんなじなんよ。

 

死ぬほど意識が高くて「すべての労働者の幸せのために、自らが苦労と不幸を買いましょう!」っていう経営者がいない限り、それは達成できないわけ。しかも一人や二人ではなくて、国中の殆どの経営者がそういう思考の元会社を経営する。

 

もっと言うなら、世界全てが競争相手みたいになってる現代においては、世界の殆どの企業がそういう方針でやってくれないと、より多くの労働時間を割いた企業にどんどん負けて、国家としての力は無くなっていく。

 

もし仮に、経営者も労働者もハッピーなうえで「平均給与倍 + 労働時間半分」を成し遂げるのだとしたら、単純に能力4倍……で解決するわけでもないのが更に難しいところ。

 

例えば、建築の仕事をやってる人らが労働時間半分でかつ給与倍になろうとしたら、最低でも今より2倍の速度でやってくれないと、あらゆる建設期間が2倍になるわけで、そんなの現実的に考えて無理だよねっていう。

 

ゴミ収集や接客なんかは機械化することも可能かもしれないけど、「平均給与倍 + 労働時間半分」を目指すべく機械化を行って、バイトを全員切りました。

 

ってやったとして、客は来るのか、職を失ったフリーターたちはどうなるのか。というのも疑問が残る。

 

色んなデータを揃えて書いてるわけじゃないからあれだけど、タイトルに書いた話はあまりにも理想論がすぎるよなとは思う。

 

もし本当にこの理論を心から信奉しているんだとしたら、まずはそいつが20/24時間ぐらいのペースで働いて、勉強して、沢山の人を雇用して。そのうえで自分の給料は一般人が生活するギリギリのラインに切り詰めて、その分を労働者たちに大量に還元して。

 

でも人は給料の高さには慣れるから、上がらない給料を見てあなたを責めるけれど、それも寛大な心で耐えて、死ぬ気で働いて労働者に還元し続ける。

 

っていう姿を見せてから語って欲しい。そんな人間がインターネットに理想論を書き連ねる余裕は、決してないような気はするけれどね。

未だ修正中だけどメモ(sitemap.xml)

nextjsで作ったサイトのsitemapが延々とエラー出て死にそうになってるのでメモ。

 

1.next-sitemapで作成

 

多分これが一番ラク。動的にサイトマップを作る上で一番楽だし、複数の動的URLがある場合なおさら。

 

動的に作りたい場合はここを見ると良さそう。

 

zenn.dev

 

2.next-sitemapで実際にサイトマップをbuildする

 

fwywd.com

 

ryotarch.com

 

www.ykicchan.dev

 

この辺を参考にして作った。

 

が、ここで問題発生。

 

3.サイトマップが認識されない

 

{URL}/sitemap.xmlでsitemapを開くことは出来ているけど、なぜかサーチコンソール側で取得ができない状態が続く。

 

7/25の夕方に出したものが、7/27現在に至るまで『取得できませんでした』と表示される。数千ページに及ぶ大規模サイトでサイトマップが読み込まれないのはまずい、しかもSEOを主体に考えていたのでなおさら。

 

以下、色々試す。

 

4-1.独自ドメイン化を試す

 

エックスドメインが実質無料で提供していたので、独自ドメイン化を試してみる。

 

設定が死ぬほど面倒くさい上に、『サーチコンソール内の公開URLテストで読み込めない』という症状が発生する。当然のごとくsitemapは取得できない。

 

得が一切なかったのでvercel.appに戻す。

 

4-2.outディレクトリからpublicにbuildされるようにする

 

途中紹介した記事は全てoutディレクトリを前提としたものだったが、その場合next exportを使う必要があり、これを使うとSSGとの相性が悪いらしく何かしらの警告が出る。

 

また、表示はされるので問題はないと思うけど、outディレクトリの場合、vercelのoutputの欄でsitemap.xmlrobots.txtが確認できないので、これがエラーの原因かもしれないと当たりをつける。

 

www.youtube.com

 

この動画を元に、next exportを使わない形に修正。outputでsitemap.xmlが確認できるようになった。

 

↑ここまでがさっきまでの話で、エラーの方は未だ継続中。sitemapが『取得できませんでした』と表示されている。

 

---

 

一応、時間経過で直ったという報告が散見されてはいるので、現状目立ったエラーや警告、気になるポイントはないため、これで様子を見てみる。

 

このsitemap周りで死ぬほどイライラしたので、今後もう無いように一応書き残しておく。

 

追記:4-2の修正後、最終読み込み日時に日付が入っていた状態から、送信に日付が入っている状態に変わってた。

あーくまのちから、みにつーけたー

f:id:intptan:20210725210304j:plain

 

はい。

 

ここ2週間ぐらいで

 

  • Next.jsを学習する
  • Next.jsのgetStaticPropsとgetStaticPathsを学習する
  • APIを使ってコンテンツがほぼ自動生成されるサイトを作ろうと考える
  • いい感じのAPIが見つからなかったのでスクレイピングを覚える
  • スクレイピングでゴリゴリにとあるサイトからコンテンツをとる←ここ悪魔の力ポイント
  • とったコンテンツを元に10000ページ弱ぐらいのサイトを作る
  • vercelでデプロイしようと思ったら容量不足で無理だったので2000ページぐらいまで縮小する
  • 公開完了する←今ココ

 

って感じの日々を送ってました。

 

大体最初の1週間学習で、残り1週間で実装した感じ。

 

文章にするとあっさりやってるように見えそうだけど、スクレイピングしようと思うも環境が構築できず、うまくcss_selectorとかで指定が出来ず、回収したデータをどうやって使うのかわからず、getStaticPropsやgetStaticPathsをどう使うのかわからず……。

 

一通りの地雷は踏んだような気がします、分からんけど。

 

今回作ったサイトの狙いは

 

  • ページ数のゴリ押しで超ロングテールキーワードをゴリゴリ拾って、収益化しちゃおうぜ

 

というもので、アフィリエイトベースの考えで作りました。

 

アフィリエイトちゃんとやってた頃に拾ってたキーワードを展開するとしたらこんな感じになるよなぁ。だったら大規模に作れるよなぁ。って想定。

 

今日公開したばっかなので、インデックスもされてないし、そもそもサイトマップバグって謎挙動してるし、時間を置かないとどうなるかはわかんない。

 

ただ、超ロングテールキーワードをページ数のゴリ押しで拾うという想定なので、結果が出るとしたら早いと思う。そもそも誰もコンテンツを上げてないところを回収しに行くという考えなので。

 

間違いなく褒められた手法では無いんだけど、結局個人が頑張るにはブラックよりの場所に入らないと、より大きな力に食われちゃうよなぁと最近は思ってるので、罰則をくらわない程度にグレーなやり口を試していこうかなとか思っています。

世の中の人間、社会脅かしすぎ問題

blog.livedoor.jp

 

まあ、これは極端な例だと思うけど、前に大学生の子と話した時「社会出たらブラック労働で動画作る時間なくなるのだけ嫌です」みたいなこと言ってて、とにかく社会人に対する不安感が凄い。

 

実際問題として、確かに大学生よりは社会人のほうが時間はなくなるし、お金を稼ぐためにやりたくないことをやる必要も出てくるだろうけど、だからといって社会が全て薄暗いものなのかと言えばそうでもなくね?と思う。

 

僕もバイトをしていた時は確かにしんどかった思い出はあるし、胃炎になった経験もあるのだけど、それは適正に合わないことをしたからというのが本質的な理由で、別に社会全体がやばいという話にはならないはず。

 

社会の大変さを否定したいわけではなく、今学生の子たちに悲観的な将来を想像させまくるの、いいかげんやめてくれという話。

 

---

 

現実として社会人が大変だったとしても、「社会人楽しい!ひゃっほー!」みたいなノリの大人が多いほうが、子どもたちからすれば将来に希望が持てて良いんじゃないかなぁと思う。

 

ネガティブな思考を持つことで、その不安を払拭するため努力するというケースもあるから、一概に悲観的思想が蔓延してることも悪いことばかりじゃないだろうけど、いくらなんでも多すぎでしょ。

 

それにやりたくない努力をやり続けて上に立った人間は、やりたくない努力を周りにも求め始めるのが世の常だと思ってるので、間接的にパワハラっぽいやつが増える要因になるのではとも思う。

 

(寝れない人が寝てる人を羨ましく思ってキツくあたったり、陸上では距離走りたくない人が怪我であまり距離ふんでない人に当たったりすることもある。主観的だけど、概ね嫌々やってることは他人にも強要したくなるのが人間と思う。)

 

精神面が少し変わってきたのか、せめて自分より年下の子には、歳を重ねたら多少は楽しくなりそうって印象を持たせてあげたいなと、最近は思ったりしてました。

YoutubeAPIゴミでは?

Nextjsの学習をしてたら、node-fetchを使っていい感じにサイトを作る方法みたいなのが学べたので、Youtubeの特定ジャンルの動画を収集するサイトでも作ろうかなと思い、YoutubeAPIについて学んで動画を引っ張ってこれるようにはなったんですが。

 

どうも、昔に比べて使用回数の初期値が5000分の1になったらしく、100回ぐらい検索を走らせたら/日の制限に引っかかってしまいました。

 

使用回数を抑えることも、一定時間経過するまでAPIが叩かれないようにして、データをサーバーに蓄積させていけば可能かなーとか、――どう実装するかは深く考えてないけど――夢想してたんですが、そもそもテストさせてくれっていう気持ちも強かったり。

 

それに、動画それぞれの個別情報を引っ張るにはsearchでリストを作った後に、それぞれのitemにAPIを走らせる必要があるっぽいので、100回の処理じゃ無理ゲーがすぎるっていう。

 

あと、個人的に「え~」ってなったのは検索結果の最大数が50な点。流石にこれだけ少ないと、チェックするタイミング次第で拾えなくなる動画も多々出てきそうなので、なんていうか、まともに使わせる気ないのではという感じが強い。

 

Youtube動画の特定ジャンルでランキングとか作れたら面白いなぁと思ったけど、特定期間に投稿された動画で検索結果の絞り込みをすることもできないっぽいので、であれば、サーバーに保存したデータを元に比較する必要があると思うんだけど、そのデータを更新するためにはAPIを叩く必要が出てくるので、結局使用回数がクソ雑魚すぎてなんもできなくね?っていう。

 

個人レベルのウェブマーケティングは広告があまり打てない都合上、すでにトラフィックのあるサービスに便乗する形でアクセスを伸ばすのが効率的となるため、SEOSNSがよく使われるわけだけど、それで言うなら有名サービスのAPIを利用するのも王道だよなぁと、Youtube使ってみたかったんだけど、なかなか使えるレベルにするのは難しそうだなっていう。

 

もうひとつニコニコ動画で作りたかったものがあるので、とりあえずそっちをやってみようかなと思う。いい案 + YoutubeAPIへの理解が深まったら、また挑戦してみようかなという感じ。

考え方が大事なんですよ~、とかいうやつが世界で一番嫌いだわ

例えばスプラトゥーンで初心者が

 

  • A「とにかく色んな戦略を使って戦ってみるぞー」

 

みたいに言ってたとして

 

  • B「戦略とか手法も大事なんだけど、本質的に重要なのは考え方なんだよ。どうやったら勝てるのか、負けた理由は何なのか、逐一考える。これが大事なわけ」

 

みてーなこと言うやつが世界で一番嫌いなわけ。なんでこんなこと言うかと言えば、学習も兼ねて色んな動画見てたんだけど、その中のひとりにカット編集もせずに低音ドンドン効かせた、ユーザーのことを何一つ考えてないようなノイジーなBGMとともに、ドヤ顔でべらべら長尺語ってるやつがいて、まさに今挙げたみたいなことを言っててクソムカついたからなわけよ。

 

考え方が大事だなんてことは幼稚園児でも言えるわけでさ、科学的にそれを証明するためにクリティカルシンキングとか、色々証明したり具体的にどうやればいいかの方法論を作ってきてるのに、何をテメーは調子こいて「考え方が大事です」ドヤ。って、具体性のかけらもねー、なんの役にも立たねー話をかましてくれてるわけ?

 

と、ドロドロとした憎悪と嫌悪感がこみ上げてきたのでここに吐き出してるわけです。

 

---

 

僕自身、考え方はとても大事なことだと思ってますよ。

 

でも考えるのって面倒だし大変じゃないですか。だからこそ、そうやって考えることを推奨するようなやつには、できる限り具体的で効果的なものを提唱してほしいわけです。

 

じゃなきゃ、せっかく考えたところで、大変な思いして結局何も生まれないだけになっちゃいますし。

 

だから、あらゆる抽象的ドヤ顔アドバイスは嫌いなんですけど、その中でも特に幼稚園児ムーブの「考えるの大事」って、言ってくるやつが一番キライなんですよね。

 

ほんとあれはひどかった。考え方の話で、どうしてそうなったのか言語化をしっかりしなきゃ生き残れませんよ?みたいなこと言ってるくせに。いやお前がまずちゃんと考えることについての言語化してから出直してこいよと思ったよね。

 

---

 

とはいえ、超具体的に考え方について書くのは難しいので、せめて

 

考えるためには、大まかに2つの要素が必要、一つは知識。もう1つはクリティカルシンキングと呼ばれるもの。知識は言わずもがな、今抱えてる問題対しての知識。先人が積み重ねてきた事実的情報や、ビジネスで言えば再現性が高められた言語化された情報。

 

クリティカルシンキングは凄いざっくり言えばメタ認知的思考方法のことで、簡単に言えば「グー出すよ!」と言われたら、普通に考えたらパー出せば勝てるけど、メタ的に考えれば「グー出すと言ったからにはパー出すことは読むだろうからチョキを出したほうが良いかも」と考えること。または「そもそもどうしてこいつはグーを出すと宣言したのだろう、チョキでもパーでも良いのでは?」とか。(証拠ベースでの判断、異なる視点を持つ、間違いの可能性を探す、信頼できる情報の探し方がわかる、感情よりも事実ベース。などがクリティカルシンキングのキーワードとされたりもする)

 

(この例題の場合はドツボにはまる案件だけど、通常ゲームではメタ的戦略は0~1段階の間で取られると言われるので、それを踏まえるなら「パーを出すことを読んでチョキ、もしくはそのままグーを出す」といえるので、グーを出しておくのが王道だと思う。しらんけど)

 

他にも考え方にはロジカルシンキングとかもあったりするし、俺が知らないだけで他にも色々あるだろうから、それら一つも出さずに「考え方が大事、言語化も大事」なんて片腹痛いわこのボケが。と思っちゃうよね。

 

ああいう、抽象概念をそのまま扱っちゃうのはNi主機能って感じはする。能力のあると認めてる人がこういうことを言うのは、自分の中で噛み砕いて「せやな」と思えるけど、認めてない人がこういうこと言ってるの見るとボロクソに言いたくなってしまう。そういう意味では俺はNi主機能と野良で遭遇するのはあまりよろしくないのかもしれない。(ドヤ顔説教ムーブされなきゃ流石にここまでは言わないと思うけど)