INTP型のブログ

苦味があるな?

WILL -素晴らしき世界- をプレイした感想。メンタルに来てる…

例えば毎週楽しみにしていた日常アニメが終わった時とか、感情揺さぶる作品をプレイした後とか、なんとも言えない脱力感に包まれるじゃないですか。

 

WILLをプレイし終わった今がまさしくその状態で、なんかもう「あー……」って感じなんですよ!

 

※致命的なネタバレあるので未プレイの方は見ないほうが良いです

 

publishing.playism.jp

 

ゲームシステムには少し不満がある

 

少し冷静にならないとおそらく「あー……」という言葉で埋め尽くす記事になるので、批評めいたことをまずやっておこうかなと。

 

根幹のゲームシステムはADV+パズルのザッピング系のゲームで、ひたすらエピソードごとの最適解を探すことになるわけですが、これがほぼ総当たりの作業ゲーになりがちなんですよ。

 

総当たりになってしまう理由が二つあって、一つが手紙の入れ替えでどういう展開になるか予想するのがヒントありでも難しいため。もう一つが特に大きくて、途中からエピソードごとのエンディングを分岐させる必要が出てきて、全てのエンディングを回収する必要性が出てくるため。

 

終盤、情報がないと攻略不可能なものや、エンディングを分岐させることで攻略可能になるエピソードが出てくるので、心当たりが無い場合総当たりでエンディングを回収する作業ゲーが必要になってくるんですよ。

 

ゲームシステムの案自体は凄い面白いものなんですが、どうしても作業ゲーじみてくるのがネックだなと思います。

 

実際攻略にはBADエンドを回収してる必要ありましたからね。難易度落ちますが、重要度の高いエンドは色変えして分かりやすくしても良かったんじゃないかと個人的には思います。

 

終盤のエンディング分岐させ総当たりもキツイ

 

一部はヒント出てたりしますけど、ほぼ総当たりでエンディング分岐させて、新規メールが届くかチェックしていく必要があって、あれが本当にしんどかった……。

 

情報の回収も同じで、膨大なエピソードとエンディングを心当たりが無い場合、虱潰しに見ていく必要があってきつかったですね。

 

しかも最後制限時間も表示されるしで中々ハード。

 

最後イシ消える必要あった?

 

平行世界は存在しない設定が最後の最後でいきなり出てきて、だからイシ消えちゃうって展開はメンタル削りに来てるようにしか見えなかったです。

 

バッドな雰囲気もたせたほうがちょっと心に残るでしょ感が……。(ここは僕がハッピーエンド至上主義なのもあると思います)

 

話の展開的にあのままふたりとも過去の世界に戻っても違和感は内容に思えましたし、無理矢理さを感じてしまいました。

 

どちらかというとタイムリープさせる機能はイシしか持ってなくて、エネルギー残量的に消えちゃうけど騙して過去に飛ばすとかのほうが、伏線も回収できるしあの展開にするならキレイかなぁと思いますね。

 

全体的にエンドがだいたい暗いんだよ!

 

警察チームとジミーは割りかし明るいんですけど、他のメンツ暗いよ!(ロッキーと女教師は暗いもクソもないので除く)

 

カルロスとアリソンは再開できないし、リ・ウェンとブン・カイレンはまぁハッピーエンドくさいけど、3年経ってるからなぁ……。リ・ウェンにも新しい出会いが出てそうであの後の展開に不安が……ハッピーエンド至上主義的には信じるしかねぇって感じ。

 

まあエンディングだけ見るとそこまで絶望って感じのキャラはいないんですけど、途中経過見ると過酷すぎるよなぁ。

 

アリソンとかなんだあれ、地獄か。金髪美少年は精神病で悪人に犯されるわ、選択的認知障害で善人の父親200回刺すわで悲しすぎるでしょ。

 

こういう暗めの展開のゲームって続き気になってついつい手が止まらなくなるんだけど、どんどんメンタル削られるからホント良くないよ……癒やしを求める現代人としてはちょっときつかったですわ。

 

散々酷評したけど面白いゲームなのは確か

 

ゲームシステムに関してはフォローする気ないですが、ストーリーに関しては表裏一体の話で、ああいうしんどい展開が続くからこそ面白いって部分は確かにあるんですよね。

 

アリソンとか報われなさすぎて、次こそは報われてくれと手が進み続けるというか、次のエピソード早くくれ!ってなりますからね。余談ですが、ファイさんに拾われた後いきなり殺し屋になってた少し笑いましたわ、銃構えてるCGが歌を歌ってたときのCGと同一人物とは思えない感じにいきなり変わってましたし。

 

僕は耐性ないのでこういうゲームはなるべく避けたいというか、結局報われない展開が続いて精神病むのがだいたいなので、やりたくないんですがこういうゲームこそやりたいって人もいますよね多分。

 

あと技術解説は少し納得いってない

 

重箱の隅をつつくみたいなことして申し訳ないんですが、最後の解説を聞いた感じだとなんで手紙交換システムで干渉するの選択したのか良くわからんのですよね

 

サイコロの1が出るまで何度も振ることができる技術みたいに解説してて、そうだとしたら事実を捻じ曲げるような干渉は難しくない? と思っちゃうわけです。

 

仮に人間の選択は乱数的な要素があるから、上記みたいな干渉の仕方である程度事実が捻じ曲げられるとして、だったら二人以上の手紙を交換して干渉するあの仕組みは何なんでしょうか。

 

要素複雑にする必要なくない? 同じ場所だったり、関係が深い人同士の手紙が繋がるのはわかるんですけど、見た感じ全く関係ないだろって人同士のつながりも多かったりで、納得行かないというか。

 

人間目線で関係なくても、実際は密接に結びついてるって話なんですかね。だとしたら多少は納得行くかも。

 

少し最後の解説は簡易的すぎて逆に疑問点が増えてしまった感じがします。あれだったら下手に解説せず、そういうもんって形で推し進めたほうが良かったんじゃないですかね。

 

(そもそもゲームとして面白いから手紙システム採用してるわけで、そんな重箱の隅突くような無粋な真似して何になるって話なんですけどね。)

 

繰り返しになるけど名作やった後特有の精神状況にはなる面白さありますよ

 

批判的精神性なせいか、どうしても酷評っぽく書いちゃいましたけど、今完全に名作プレイした後の精神状況です。

 

あれですよ凄い面白い小説読んだ後、胸がギューっと締め付けられるような読後感に包まれるじゃないですか。まさしくあの状況なので、間違いなく名作と言って良いゲームだと個人的には評価してます。

 

最後までやる価値は十分あるんじゃないでしょうかね。

 

(こんな真面目な文章書く予定じゃなくて、本当はリ・ウェン少女漫画の主人公しすぎだろぉ(尊死)とか、奴隷商から逃げたアリソンを雇って、カルロスと優しい再開をさせてあげたい人生だったとか、ブン・カイレンorリ・ウェン胃癌コースの手紙もっと細分化しろボケナス! とかもっと感情的な文章を書く予定がどうしてこうなった……)

 

(おそらく最初に冷静になるため批評モードから入ったのが行けなかった、ああ神様どうか私を正しき方へ導いてください……)(逸脱なオチ)

  

※ メンタルの回復を早くしたいので、コメント欄に感想とか書いてもらえると、こう……なんというか復帰が早まると思うのでよかったらお願いします!(ゲームの感想でもこの記事の感想でもどちらでも大丈夫です!)

 

publishing.playism.jp

 

ゲーム感想を求める同士のために面白かった他の人のレビュー貼っときます(ネタバレ注意)

 

「神様、どうかお助けください・・・」(WILL:素晴らしき世界 感想) | 赤のブログ

 

WILL: A Wonderful World 感想2 - このゲームをやるまでは死ねない

 

追記

キーホルダーの攻略が死ぬほど時間かかって、粘りに粘って運良く自分は発見したけど、見つけられず答えだけ見た人もいそうなので悩み解消用に書いとく。

 

・チャン・ギョンミンのエピソード短パンと花柄シャツ

・手紙を読むところの左下に数字あり

・水曜日の3日後なので土曜日、1が月なので数字があれになる

男女問題ってやっぱクソだわ

追記

文中でGGI(GGGI)を根拠に話を展開していますが、下記情報提供からGIIを元に考察するのが妥当だと思われます。 

 

男女問題についてはいずれの指標も実態をうまく反映させたものとは言えません。 「女性は奴隷の可能性がある」という | Peing -質問箱-

 

それぞれのリンク先

 

実は日本はかなり男女平等な国だった - Togetter

 

日本は「世界的にも異常な男女差別の国」か - Think outside the box

 

フェミとネオリベは同じ穴の貉~自由と平等が社会を壊す - Think outside the box

  

世の中は大人権時代! 同じ人間というカテゴリでありながら、自らの属性を細分化し、権力を争う戦国時代!

 

と、まあ武力で殺し合ってた世の中から、真綿で首を絞めるような権力至上主義みたいな? そんな感じの世の中になってきたかなって感じ。

 

今回はそれをジェンダーギャップ指数と幸福値から語っていきたい所存です。

 

ジェンダーギャップ指数編

「共同参画」2018年1月号 | 内閣府男女共同参画局

本指数は、経済、教育、政治、保健の4つの分野のデータから作成され、0が完全不平等、1が完全平等を意味しています。

 

f:id:intptan:20180712200412g:plain

 

日本はジェンダーギャップ指数によると0.657で世界114番目。

 

流石にこれだけ見て鵜呑みにするような人はおらず、「どこを見てこの数値を算出しているの?」とか「男と女どちらが恵まれているという形で指数が開いているの?」という疑問が出ることでしょう。

 

ギャップ指数はGGIから算出

www.weforum.org

 

英語読めない人間としてこっから情報抽出するのが面倒だったので、日本サイトから適当に引っ張ってきます。

 

sustainablejapan.jp

労働賃金、政治家・経営管理職、教授・専門職、高等教育(大学・大学院)、国会議員数では、男女間に差が大きいとの評価で世界ランクがいずれも100位以下。その中でも、最も低いのが国会議員数で世界129位。その他の項目でも50位を超えるランクは一つもない。

 

この辺が理由で指数が低くなっているようです。

 

特別男女どちらが優位になっているかは明記されてない

 

女が不遇、男が不遇みたいなことは明記されてないです。ただ労働賃金とかを見て指数が決定されているんだとしたら、まあ女性が不遇なため指数が低いって考えるのが妥当でしょうね。

 

 

日本国民の幸福値編

 

1-特-28図 幸福度と生活満足度(男女別) | 内閣府男女共同参画局


f:id:intptan:20180712201935j:plain

 

「幸福度ってどうやって出してるねん」って話ですが、これはアンケート形式です。

 

生活満足度に関しては男性の方が概ね高く、就業状態別で見た場合は正規雇用者を除き、女性の方が高いという形になりました。

 

 

また、「世界一、男より女が幸せな日本」という記事では

 

日本は女性よりも男性のほうが幸福度が低い。世界価値観調査によると、その男女差は世界一だ。

 

とも触れられているます。

 

上記二つを普通に読み解く

 

ジェンダーギャップ指数から読み取れるのは女性の社会進出、労働市場や高等教育・責任の重い立場への進出が少ないという話。

 

また幸福値からわかるのは一般的に男性より女性の方が現状への幸福度が高いということ。

 

こっからわかるのは普通に読むと、社会で責任の重い立場につく。もしくは労働をする、高等教育を受けると幸福度が落ちるって話だと思うんですよね。

 

またジェンダーギャップに力を入れて平等を目指している欧米では、

 

従来,男性に比べて女性の方が一般に幸福度が高かったが,近年,男性との差が縮小する,あるいは逆転する,という現象が欧米で見られる(Stevensonand Wolfers(2009)等4)。

 

第3節 男女共同参画に関する男女の意識の現状と変化 | 内閣府男女共同参画局

 

 っていう現象も見られていて、ぶっちゃけ今やってる運動って女性の幸福度を下げるだけで、得するのは社会でバリバリ活躍したいっていう極小数だけだと思うんですよ。

 

男でも女でも出世欲やばいやつとか、名誉欲やばいやつとかって少数派で、ほとんどの人は休日好きな人と楽しむだけの給与と、そんなに忙しくない労働環境が欲しいわけで、究極的な資本主義社会には向いてません。

 

究極の資本主義→イメージするならフリーランス個人事業主しかいないような世界

 

政治を語る時に主観データ入れんなって話

 

こういう結論に対して

 

・男の幸福度が低いのは男のメンタルが弱いから

・女の幸福度が高いのは長年の洗脳結果

 

みたいにデータ読みする人いるんですけど、根拠あるのかと。

 

大体の場合は主観だったり、ツイッターでアンケとりましたみたいな、クソみたいな統計だったりするわけで、そんなん客観性なんてないですよね。

 

別にそれを個人レベルだったり、その周りの人間レベルで共有するのはいいと思いますよ。類友現象って確かにあるのでそれで救われる人も多いでしょうから。

 

ただ主観的データを元に国家レベルでそれを適用させるのはやめろという話ですわ。

 

木を見て森を見ずもいいとこで、主観データが客観性を伴うこともあるかもしれんけど、ないことのが多いわけで。無かった場合発生するであろう混乱の責任をお前は取れるのかって問い詰めたくなりますよね。

 

男女問題がクソな理由

 

みんながポジションを取れてかつ主観データもいっぱい持ってるから。クソ意見の乱舞みたいになってるから。

 

もちろんデータから考えるって人も必要なんですけど、それをしていいのはちゃんと場数を踏んできてる人で、一般人がみんなやったら意見が混乱するでしょってこと。

 

わけわからんことに私がエビデンスとか、一人一派とかやりだしているやつもいて、マジで個人主義の権化みたいなやつが多すぎる。

 

個人主義が悪いって話ではなく、それに傾きすぎたら個人で生きられないやつが滅亡しちゃうんだから、協力プレイの精神も持てやって話。

 

何が正解なのか

 

全ての人間を納得させられる方法はないですわな。

 

家に誰もいない家庭は保育園を使う必要が出るが、保育園はあいてない。だから子供を産まないという選択をとられまくると少子化が進んでオワコン化

 

どちらかを家庭に置くとして女性をと言ったら、今の男女同権に真っ向から反発するので無理。かといって主夫を養うって女いるの? って話もある(この辺は高収入女性の未婚率が高く、逆に高収入男性の結婚率が高い話から見える)

 

そもそも男女同権によって労働者数が増えたのに対して、少子化が進んでいるので市場規模は縮小しているため、共働きじゃないと子供養うのは難しいという面も。

 

結局今までの男が働いて女が家を守るってのが性の特徴も踏まえると楽なんだけど、社会で働きたいって奴らが否定する世の中なわけで、それがまた無理。

 

ぶっちゃけ歪ではあるけどこのまま進むところまで進んで、少子化バリバリ、労働者の権力倍増して起業者が減少し経済力ダウン。社会への信頼感が減るので自分が上手く生きることだけを考える人が増える、結果能力や環境による格差社会の加速。

 

要は超資本主義で超個人主義の世の中になっていくと思いますよ。

 

文明の流れって強力なので、とてつもなく大きな問題が突発的に起きない限りは変わりません。徐々に息苦しくなっていく感じで、いつの間にか致命傷を受けてる人が増えるだろうなと。カエルをぬるま湯に入れて徐々に温めると逃げないみたいな話。

 

僕は全体主義的になってくれたほうが社会不安が減って、結果的に個人主義の僕も恩恵を受けられるのでそうなればいいのにと思いますが、無理そうなのでとにかく自分と自分の周りだけはよく生きられるように動いとこって感じになってます。

 

しっかし欧米とかってクソみたいな結果しか政治では出してないのに、なんでそこに習おうって風潮が強いんスかね。エジプトとかに習ったほうがよっぽど良さそうですけど

 

追記

保育を要求する社会になったらそこの市場が広がるじゃんって意見を見て、反論を書いとく。

 

まず保育や介護といった形態の商売はどれだけ客数が増えても、労働者一人あたりの生産量を増やすことは出来ません。一人が見れるキャパが10人だとて、一人あたり100人見れるぐらい市場が拡大しても、一人が見れる人数は10人なわけです。

 

となると保育や介護が利益を拡大するには保育園ひとつあたりの保育士数の増加と抱え込む人数の増加なんですが、保育を必要とする人口過多地域は土地が余っていませんので大きな保育園を確保することが出来ません。

 

保育士の給与が伸びない背景はビジネスモデルの問題があるからですね。

 

じゃあ訪問型のベビーシッターはどうなのかと考えますと、まず基本に立ち返ってベビーシッターが一日に見れる人数には限界があります。そのためベビーシッターの賃金を増やすには一人あたりのサービス料を増やす必要があるわけですが、高額なベビーシッター代を払える共働き世帯なんてまずないわけですよ。

 

じゃあ国で補助すればと考えるかもですが、今でさえ数十万の補助金がでているのに、こっから更に伸ばすっていうことができると思います? 自由恋愛市場の影響で恋愛弱者が多い中、恋愛強者である夫婦のためにもっと税金増やしても大丈夫ですと考える人がいるとは僕には思えません。

 

補助金ダメ、高額ベビーシッターダメ、土地がないから保育園足りないと来ているので、共働き世帯だらけになったら家庭を維持できる人は高額なベビーシッター代を払える強者か、保育園に運良く入れた家庭だけで、ここにもまた格差が生まれて幸福度現象が発生します。

 

結局はこれも個人主義社会、あの人の言葉を借りるなら弱肉強食の世界って話ですよね。

 

強いマイノリティが生きやすくなるのは個人的には結構なんですけど、社会全体で見たら10年、20年すりゃクソ雑魚国家になるので、やめとけばって話。

 

問題が発生してから対処すればいいよ、っていうのは短期的に取り返しが付く問題ならいいんですけど、社会問題って10年スパンとかで問題が動くので、大体トラブル発生したら詰んでるんですよね。欧米とかぶっちゃけ詰んでますわな

 

結局子供産む能力を女性しか持ってないから無理ゲーなので、体外受精を可能にするかでもしないと女性が社会にでるのはいびつな構造ですわな。いびつな構造によって発生したしわ寄せがどっかにいってるっていうの把握しておいたほうが良い気がしますけども。

 

ーーーーーーーー

 

こっからは超絶主観の話になるので話半分で。

 

多分治安が悪いほど男性と女性の力関係が男>女になって、逆に治安が良いほど女>男になるんだろうなと思います。

 

ヤンキー社会は未だ子供がどんどん生まれるのはそういう背景があるように見える。

 

それを踏まえるとこの先進国を中心とした男女同権にしようという運動は戦争でも始まったら終わりそうっすね。僕は戦いたくないので嫌ですが

 

まあ僕は社会から外れて生きているのでどうでもいいんですけど、唯一願いがあるとしたら早く電子生命体になりたいってとこですね

Tiという機能について考えたこと

さっき「病んだ」って記事書いたんですけど、最後知らず知らずのうちに「小説家になって先生って呼ばれたい人生だった……」とかほざいてて、これってTi的だなぁと思ったわけですわ。

 

まずTっていう要素は合理的思考なんて言われますけど、要は実利的であるかどうかという目線で考える機能なんですね。

 

例えば死にかけの猫が目の前に転がってた場合、「助けたら心が満たされるかもしれない」とか「助けたら飯代がかかる」とか「助けて癒やしていく過程を動画にしてYoutubeにアップしたら金(権力)獲得につながるかも」とか、メリットベースなんですよ。(Fならもう少し直接的で可愛そうだからとかになる)

 

ここでもう少し分解してTeの場合を見ていくと、猫を助ける行為が社会的にどういう位置づけにあるのかから実利的かどうか判断するわけです。「猫はみんな好きだから助けることが利益につながる」と考えるかもしれませんし、「死にかけの猫を放置したところを誰かに見られたら自分の権威性を貶めてしまう」とか考えるかもしれません。まあ傾向なので、普通に可愛そうだから助ける可能性もありますが。

 

でTiの場合どう考えるかというと自分ベースなんですよ。「助けたら心が癒やされる」とか、もう少し範囲を広げると「家に猫がいることで人間関係が円滑になるかもしれない」とか。

 

要はTeはマクロ(社会)からミクロ(自分、もしくは自分の周り)という順番で思考が移っていくのに対して、Tiはミクロ(自分、もしくは自分の周り)からマクロ(社会)へ思考が移っていくということ。Teは比較的社会全体での利益を見て意思決定し、Tiは個人主体での利益を見て意思決定をするわけです。

 

もう少し掘り下げると、問題に対して考え始められるポイントの中で一番自分に近いところから考えるか(Ti)、一番社会的に近いところから考えるか(Te)って感じです。

 

(例えば男女問題なら自分の体験ベースで考えたらTiですし、認知できる中で一番大きな枠組みから考え始めたらTeチックですね。)

 

---------

 

ここまでの話で読み取ってほしいのはTiは個人利益を枠組みに収めつつ思考していくので、割と自己中って話なんですよね。

 

自分ベースで思考を展開させていくせいで自己中で、もっというと自己ベースなのでデータが主観的であることが多い。例えば「自分の周りではこれが最適だった、だから社会的にもこうであろう」という形で展開させてしまいがちなんですよ。

 

Teが森を見て木を見ずなら、Tiは木を見て森を見ずという感じ。どちらの理論が一般的に使いやすいかというと統計(マクロ)を意識した結果、再現性が高まるTe的思考でしょうね。優秀なTiの場合データの客観性が上がったり、メタ認知範囲が広くなり始めて、もう少し再現性が高まったり、社会的に使いやすいものに仕上げてくれることも多くなるでしょうけど。

 

---------

 

こっから冒頭の話にリンクしてくるんですけど、自分ベースの考え方をしているTiは、要は自分>社会なわけで、ほぼほぼ例外なく自分の思考が最も価値あるものだとしているんですよ。表面上にでてなくても誰かに意見を言われたら「ふーん、そうなんだ。まあお前の中ではそうなんだろうね」ぐらいに片付けてることのほうが多いです。

 

何が言いたいかっていうとそういう性質をしているもんですから、言ってしまうと自分より立場的に上の人間を欲していない存在でもあるわけですね。これは立場の上な人間を嫌っているというより、周りに置きたくないという話に近いです。なぜなら上の立場の人間はTiの思考を否定することのほうが多い(主観的で客観性がないので認められにくい)というのと、ここまで書いてきたとおり自分の価値(思考)を高く見積もっているからですね。

 

そういないでしょうけどTiの思考を認めてくれる人間であれば、周りにいてもそこまで不快には感じないかもしれません。

 

で、冒頭の先生と呼ばれたい人生だったって、立場の優位性を失いたくないTi的な考え方だなって思ってダラダラ書いた次第です。

 

終わり。

 

※この記事は主観を使いまくったため客観性の欠片もないことを理解していただきたい所存です

 

※2 長々書いたけど同じTiでもエニアやエゴグラム、「ファセット」とかの違いでまた変わってくると思う。典型的Tiとして考えた場合で考察しました。

病み期に突入しました

ああああああああああああああぁぁぁぁぁぁl!!!!!!!!

 

どうもINTP型の人です。

 

毎日毎日パソコンの前でカタカタキーボードを叩いていたある日気づいてしまったんですよ。

 

「あれ? 俺ってめっちゃ孤独じゃね?」と

 

最近は友達とも疎遠だし? ゲームコミュニティからも遠ざかってるし? 唯一時間と金が有り余ってたっていうのも最近は収入落ちたせいでどっちもなくなったし?

 

そんな状況が続いていたら社会の歯車から完全に離脱してしまっている事実に耐えきれなくなってきて、病んでる。くっそ病んでる、メンヘラと言われても相違ない

 

最近言葉発したのなんて割とマジで1週間前にコンビニ店員に「あざっす」って言ったぐらいじゃない?

 

時間間隔もないし曜日感覚もないしで人として終わってきている感じがしている。

 

じゃあ就職したらって言われたらそれまでなんですけどね。

 

でもなぁ勤め人したら絶対反骨精神沸いてくるしなぁ。やっぱクソ難儀な性格してるは自分。

 

社会から離脱しているのは孤独が感じて嫌、かといって社会の中に組み込まれるのも嫌ってどうすんねーんって感じ。

 

はぁ小説家になって先生って呼ばれたい人生だった……。

Amazon先生にアソシエイト、鬼の申請拒否されたので愚痴りつつやったこと書く

これは自分が悪いと言ったらそうなんだけど、「今までそんな厳しくなかったやん!」っていう気持ちのもと、悪態をつきたくなったので経緯でも書きながら愚痴ってようかなと。

 

Amazonアソシエイトというのは、Amazonの商品を紹介した時に金銭をもらうことのできるプログラムのことで、今回作っているサイトでそれなりに依存しようかなと思っている仕組みでもあるわけです。

 

で、いつもならコンテンツ10個ぐらい作って申し込みすると「ええで」と返信が返ってくるのですが、今回は重箱の隅をつつくがごとくしつこく拒否してくるので愚痴りたいわけですわ。

 

1回目、勝手にサイト追加しないでもらえる?

 

申請は問い合わせからやるんですが、こっちでアソシエイト・プログラムに利用しているサイトを登録欄もあるんですよ。

 

ただ申請が通りさえすれば、そっちの登録欄にサイトURLを登録してなくても売上もらえるので、ぶっちゃけ形骸化してるシステムと判断していてます。

 

で、ずっと申請通ったサイトをその登録欄に入れてなかったんですけど、なんとなく今回まとめて入れておこうと思いいじったわけです。その時「申請中だけどいっか」と思って新規サイト入れたら、普通にバレましていけませんと拒否されたわけですね。

 

これはまあ反省してて、すまんこふと修正したわけですが、こっから鬼の審査拒否が始まるわけですわ。

 

多分ですけど1回でも拒否されたサイトは審査一気に厳しくなるっぽいので、一回目引っかからないよう、わかりやすい部分に粗を残さないほうが良いなって今回思いました(余談)

 

2回目、サイトタイトル名にAmazonって入れるな

 

個人的に一番ムカついてるポイントなんですけど、サイトタイトル名じゃなくてキャッチフレーズに入れてるだけで、別にサイトタイトルに入れてねぇ!!!

 

って不満を感じたわけですが、Amazonさんには逆らえず急遽変更。めんどくせぇ

 

3回目、価格いつのものか書いてもらえる?

 

Amazonの商品を比較する時に、何月何日の価格か書かずに文中に書いたら、「いついつのか書いてね」って審査拒否。

 

いや確かに悪い子としてるの僕なんですけど、いつもはそんなとこつっつかんやん! 

 

しゃーなしと粛々と修正しました。

 

4回目、通っちゃったよ……

 

絶対難癖つけて延々と審査通らないパターンだと思って、3回目の段階でこの記事書いてて、4回目どんなこと言って拒否ってくるのかワクワクして待ってたら普通に通っちゃったよ……。

 

せっかく書いたけど3回じゃ鬼の申請拒否って感じしないし、どうしようか。お蔵入りさせておこうか……と考えた結果。僕以外がこれを読んでいるということはそういうことですよ。

 

だって1000文字ぐらい書いたし、どうせならネットの海に投げときたいじゃん……? そんなことない?

 

とりあえず今回でAmazonの規約に少し詳しくなったので、ポジティブに捉えて勉強になったと締めくくっておきましょうか。

対面でのコミュ力は高いけどWebの文章ベースでのコミュ力は低いってExxP的だなと思った話

 

この現象MBTIで言うところのExxPタイプに多い感じがするんですよね。

 

体感的にExxPのタイプの人って過激というかオブラートに包んで表現するってのを知らんのかって感じなんですが、対面ではその歯に衣着せぬ物言いが良い感じにコミュニケーションを捗らせていたりするわけです。ただ文章ベースのWEBだと過激な文章は炎上につながりやすいんでコミュ強の特性を活かしきれてない感じがします。

 

過激な発言をESFP(推定)の知人を例にして出すと、寮生だった頃ボクの部屋に夜な夜な勝手に入ってきて、「飲み行こうぜ!」と誘ったり、服装ダサいやつとかが仲間内にいると「え? なにそれ百円?」とか煽ってくるやつなんですが、別にそこまで不快ではないんですよね。

 

普通プライベートの時間に乱入したきたり、アイデンティティを批判されるのって気に食わないわけでして、嫌だなと思うのが普通なんですが、それを感じさせないんですよ。それは何故かっていうと多分ExxPが共通して声色だったり表情だったり身振り手振りだったりを駆使して、過激な表現をマイルドにしているからだと思うんです。

 

だから不快な物言いをされたり行動を受けても、大して不満を感じず、むしろ距離感がガンガン近づいていく(コミュ強である証左)って背景があると思うわけです。

 

こういう面を見ていくとExxPってコミュ強といえる特性を持っているわけですが、残念ながらWebでは声色も表情も身振り手振りも反映されないわけで、全ては文章表現に詰まっているんですよね。

 

文章ベースだといくら顔文字を使ったり、絵文字を使ったりしても表現自体が過激だと、焼け石に水というか。炎上するに値する伝わり方をしがちなわけです。

 

歯に衣を着せぬ物言いをすることで距離感を縮め、文脈から発生しやすい不快感を声色や表情で緩和させ、対面でのコミュニケーションでは強者でいられるExxPというのを前提として考えると、やはり視覚的な部分を強化していくことになりますから、Webの文章ベースで戦っていくのが不得手になるのではと感じるって話でした。

セックスロボット関係の進化が凄まじい件

エロと軍事の技術力は常に時代の最先端を行くというのが通説ではありますが、その考えを持っていてもビビる程度にはセックスロボットの進化が早いなと驚いてる次第なわけですよ。

 

robotstart.info

 

これは頭部にAIを搭載し、肉体に関してはラブドールと同じ形で制作しているもので、

 

「I will love you forever. Will you love me?」(私はあたなを永遠に愛します。あなたは私を愛してくれますか?)

 

と聞いてくるとか。

 

スムーズな人間会話と同レベルの対話を再現できる技術力は流石にまだないと思いますが、一番面倒なハード面の開発が進んでいるならソフト面も追いつく可能性はあるなと感じます。

 

robotstart.info

 

次に紹介したいのはこっち。

 

EXDOLLは、セックスロボットを性的な用途だけではなく、有意義な会話を行い、家事を手伝ってくれたり、アシスタントや受付係としても働けるようにすることを狙っている。セックスロボットが高齢者の孤独を癒やし、さらに高度化することで障害者の世話もすることができるようなることを目指すという。

 

もちろん目標は目標でしかなく、実現するかどうかは不明ですが、これを語れる程度には進化してきていると考えると凄まじいなという感想が漏れますね。

 

ラブドール関係はシリコンという素材問題があるよなぁ

 

いま素体に一般的に使われているのはシリコンという素材なんですが、このシリコンという素材劣化が激しいので、メンテナンスが大変すぎるよなと。ここをクリアできないとEXDOLLが掲げてるレベルの目標を達成するのは難しいじゃないかと思うわけです。

 

シリコン素体は皮膚のない人体みたいなもので、色素の沈着はひどいし、油分もだだ漏れ。劣化しやすくすぐポロポロと崩れてきます。また人体と違い自己修復なんてできませんから厳しい。

 

現実的に考えるならアルミなどの素材でパーツごとに分けて制作して、挿げ替えがしやすいものにする。ここにセクサロイドとしての機能を乗せるなら女体なら性器と胸のみシリコン素材で制作して、ここも挿げ替え可能にしておく。ってところじゃないでしょうか。

 

シリコン素体じゃいくら内骨格形成しても厳しいものがありそうというか、メンテナンスの大変さが異常だと思うんだよなぁ。

 

ハード面の進化は今でも十分すごいんですが、まだ問題点は存在するという印象です。

 

社会的にセクサロイドが完璧になることは厳しい

 

文化圏でセクサロイドが流通したら昨今のジェンダーやらMetoo運動も相まって、少子化がアホみたいに加速するだろうなというのが推測できます。

 

そうなれば10年20年のスパンで見れば平気かもしれませんが、30年40年立てばへたすりゃ首都以外経済力を失ってスラム化なんてのも見えてくる。流石に極論ですが、少子化が進めば経済規模を維持できず、シャッター街が地方都市レベルですら発生するイメージがあるわけです。

 

希望的観測を述べるならセクサロイドが流通することで、恋愛工学やラブ理論で言うところの「余裕があるからこそスマートな求愛ができる」っていう考えから、もしかしたら今よりパートナー形成率が上がり、出生率増加につながるのではという可能性も考えられますが、流石に無理筋っぽい。

 

どうしても今って恋愛リスクが増加しすぎてるんですよね。

 

男性目線からすると同意なしセックスの違法化により、実質男性にとっての性交は婚姻状態以外違法になる可能性がある。(もっというとDVという考え方が存在するため婚姻状態でも違法化する可能性あり)離婚になった場合親権の獲得が難しかったり、養育費の発生で賃金的に次に婚姻が難しい。もっとミクロな観点から見るとSNSでの求愛行動が晒されることで社会的地位が落ちる可能性があるなど、多数のリスクが存在します。

 

また女性目線からしても妊娠することにより行動制限がかかり、男女共働きが当然の社会のため会社内での居場所確保が難しいことがあったりします。妊娠っていうリスクは社会進出との相性がひどく悪いので、一つしか上げられないけど妊娠中はパートナーへの依存度がかなり高まるので非常に重要度の高いものだとは思う。

 

つらつら書きましたが要は何が言いたいかというと恋愛リスク増加によって恋愛市場参加者が減っている現状で(実際MGTOW運動などが発生してきている)、セクサロイドが登場したら個人主義的に動く人のほうが間違いなく多いのではと感じてるわけです。

 

セクサロイド欲しいけど社会的には子供生むべきだし求愛頑張ろう」ってなる人まあいないでしょ。

 

全体主義の行き着く先は管理社会のディストピアですが、個人主義の行き着く先は超格差の地獄なのではと感じています。