INTP型のブログ

苦味があるな?

女性は自分の美醜を批判的に捉えやすい環境にいる

と思った話。

 

鏡を見ると……?

https://psycnet.apa.org/doiLanding?doi=10.1037%2Fccp0000453

 

上記は

 

  • 84人の若い女性を対象に、2週間半数にだけ外見のチェック頻度を減らすよう指示

 

その結果

 

  • 減らしたグループは外見に関する否定的思考が減少した(身体不満・抑うつ・社会不安など)

 

となりました。

 

なおここでいう外見チェックというのは「鏡をじっくり見て肌や髪型をチェック」することや「頻繁なメイク直し」、「見た目の嫌いなところをファッションで隠す」、「鏡を使った体型チェック」、「他の人に今日の見た目はどう?」と尋ねる行為など。

 

基本的に鏡をじっくりと見る行為はボディイメージを損ないがちという結論なのですが、現代女性にメイクは必須行為でしょうからなかなか難しい所さんですね。

 

女性がAVを見すぎると……?

 

男向けのAV見すぎ系データは多いですが、女性の研究は少なかったり。

 

https://www.liebertpub.com/doi/10.1089/jwh.2018.7006

 

上記は珍しい女性がAV見た場合の研究。

 

706人の女性を対象としたもので、

 

  • オナニーにAVを使う女性は優れたスタイルの女性を見すぎるせいで自分の体型に自信がなくなる

 

ことがわかりました。

 

また83%の女性がAVを見たことがあり、そのうちの43.5%がオナニーに利用していたとのことです。

 

---

 

根拠としては鏡見やすい + AVの落とし穴が存在するという感じです。ぶっちゃけそんなに根拠としては強くない感。

 

ちなみにこういったボディイメージがネガティブになってしまっている場合はセルフアクセプタンスを利用すると修正しやすいです。

 

ボディイメージの改善方法

 

よく「そんなん気にしなきゃいいじゃん」と、ネガティブな人に言葉をかけちゃう場合あるものですが、基本感情の否定は裏目にしか出ないです。

 

ドキュメンタリー映像を見せて「シロクマのことを絶対に覚えないでください」と指示されたら普通グループより逆に記憶しちゃったというデータが有るぐらい、否定しようとすればするほど意識に入ってくるのが人間の脳なので。

 

ではどうするかといえば『受容 + 肯定』ですね。

 

もし(自分って…)みたいにネガティブなイメージが湧いたとき、そんなことないと無理やり否定するのではなく

 

  • そう思った気持ちを一度受け入れる姿勢になる(そう思ってしまうのはしょうがない)
  • 感情の動きを第三者視点で捉える(私は自分のことを○○だと”思った”)
  • つらい気持ちになった自分を慰める(つらかったね、よしよし的な)

 

としてみるのが良いです。

 

セルフアクセプタンスって要は道端で転んで大泣きしてる子供に「そんな程度で泣くんじゃねぇ!」と言うのではなく「痛かったね、よしよし」とか「痛いの痛いの飛んでいけー」などの慰める姿勢を自分に向けるってやつなので。

 

まず最初の姿勢として受容の態度を取らないとよりネガティブなイメージが強固になっちゃったりするので気をつけてくだせぇ。

良さげな何かに臨むときのマインドセット

特段目標がないのなら漠然とやりゃいいって話なんですが、成し遂げたいなにかがある場合、どんな気持ちで取り組むのが良いのかって話。

 

よく言うのが「情熱こそ最強!」なんてのですが、実際それ本当なの?という確認作業をしたいわけです。

 

効果がありそうなの一覧

 

知的謙遜

 

意味:「自分の現在のスキル・知識なんてまだまだだよなぁ」という気持ち

 

効果:客観的判断力のアップ + 他人の意見を取り入れやすくなる

 

セルフアクセプタンス

 

意味:ちっちゃい子が失敗したときに「いいんだよ失敗したって~」と慰める気持ちを自分に持つ

 

効果:失敗をポジティブに捉えられるようになり、改善能力向上。新規性の高いことへの挑戦心アップ

 

粘り強さ + 情熱

 

意味:そのまんま。ただし粘り強さのみだったり、情熱が湧きそうなジャンルを探すのは効果がなさそう。

 

根拠:https://www.pnas.org/content/115/40/9980

 

情熱の正しい得方:

→「ゲームが好き!」だからゲームクリエイターに。みたいな考え方は例えば「こんなにプログラミングって地道な作業なのか……」とか「修正ばっかりでつらい……」とか。華やかではない部分で躓きやすい(だから情熱のままに行動するのはギャップで失敗しやすい)

 

→情熱を得るには労働の中で小さな達成感を得られているかが鍵とのこと。例えばバグ修正一つをとっても「バグ修正一つ終わった!」と達成感を得られる人と「まだ100あるうちの一つしか終わってないのか…」と感じる人では前者のほうが情熱を得やすい。ちなみにここでいう情熱とは楽しいとか熱中できているかとか。

 

---

 

他、能力値とかでいうとクリティカルシンキングとか開放性とかセルフコントロール能力とか色々ある気はするけど、心構え的なのだと上3つが大事そうに思えた。

 

ただ知的謙遜は行き過ぎると挑戦心を無くしそうで怖いんだよな、このへんはセルフアクセプタンスの精神で自分を甘やかしていくしか無いべ。

学び始めたときほど勢力的に活動すべし

よくサイト制作をしていると「やってみたい!」と言われることがあるんですが、じゃあやればいいじゃんと返すと大抵「でも自信がない」と。

 

自信がないのは

 

  • できる能力がない気がする
  • はじめてのことだから不安
  • 失敗してしまいそうで嫌だ

 

など。

 

世の中に出せば当然評価がついてくるわけで、その良し悪しに対しての不安がつきまとって「自信がない」と言う拒否反応雨を示すわけです。

 

---

 

ここで思い出したいのがパイロットの学習曲線というやつ。ダニングクルーガー効果的なやつですね。

 

 

簡単に言うと始めたてのほうが自信に満ち溢れているんだけど、経験を重ねるごとに「あれ、意外と俺できてないのでは?」となり自信を失っていく(というか正当な位置に近づく)というやつです。

 

最初に書いたとおりなにか物事を始めるときって自信が割と必要みたいなので、パイロットの学習曲線的に言えば何かを始めるのはむしろやりたての頃のほうがいいんですよね。

 

それなりに能力身につけてから始めようとか思うとじわじわと自信がなくなってきていつまで経っても被評価者の立場に立てず、自分よりも下の能力で褒めてもらっている同ジャンルの人間へ嫉妬心を抱いて酷評するだけの人間になったりするわけですわ。

 

無論パイロットのようにワンミスが命に直結するような仕事では避けてほしいものですが、ウェブサイトを作って利用してもらうとか、動画をアップしてグッド・バッドボタンを押される立場になるとか、そういうのに挑戦するのなら早いほうが良いのではと思うわけです。死ぬわけじゃないしな。

 

 

---

 

とはいえ知的謙遜(自分の知識レベルがどの程度か正確に判断する能力)の高さは『意見が違う人からも学ぶことができる』や『長期的にみると知的発達のスピードが速い』ことと相関があったらしいんで、パイロットの学習曲線に騙されない力も大事なんですけどね。

 

理想形は

 

  • 自分は凄いできているという過度な自信
  • プライドによって発生する他者からの学習拒否や慢心の回避

 

この矛盾した両方の精神を同居させられるのが一番良さそうに見えますな。

恐怖とは異常性 + 加害可能性

この前買い物にでかけたとき、あまりにも寒かったもんで相当な速歩きで行動してたんですよ。

 

そうしたら正面から歩いてくる女の子がびっくりしたのか急に走り出して道沿いにあった家の中に逃げるように入ってったわけです。

 

少々の悲しみと申し訳ないことをしたなという罪悪感を覚えつつ、ふと恐怖というのは主観的なわけだけど判断基準はどこから来るのかと思いまして。

 

---

 

そもそも人間が恐怖を覚えるシーンというのは「自己への危害の可能性を感じたから」だと思うんですよ。今回のケースで言うと速歩きで向かってくる成人男性がもしかしたら自分のことを狙っているのかもしれない、学校で不審者の話もあった、多少不自然でも家に逃げ込んだほうが良い。そう思ったのかもしれません。

 

人対人のケースだけでなく災害発生時に崩れ落ちる建物を見て、このままじゃ死んでしまうかもしれないと恐怖を覚えることもあるでしょう。

 

この「もしかしたら自分が害されるかも」という感覚を加害可能性とします。

 

---

 

もう一つ、恐怖の原因となっているのは異常かどうかだと思うんですよ。

 

最初のケース、普通道を歩いている人はだいたい同じぐらいの速度で歩いているわけじゃないですか。しかし僕はそうではなかった、異常値の速度を出してたわけです。

 

異常であることは普通ではないということ。普通でない状態はそれだけ加害可能性をはらみますから恐怖の一端として常識から外れているかどうか、異常であるかどうかも判断基準になってくるだろうと思います。

 

---

 

異常性は想像不可の度合いと言っても良いと思うんですね。

 

ぶっちゃけ小走りで移動している人を見かけてもある程度人生重ねてきたら「急いでるんやろなあ」ぐらいで終わりじゃないですか。しかしこれが死にものぐるいで走っているのであればその背景が想像しにくく、これが恐怖の源になってくるのではないかと。

 

ホラー映画でよくある、自宅の窓にいきなり手形。暗くて先の見えない道からわけのわからんフォームで走ってくる血みどろ人間。寝ようと思って布団に潜り込んだら何故かいるお肌真っ白少年。

 

どれにしたってそこまでの背景がわからない、想像不可だからこそ恐怖を感じるのかなと思いました。

 

想像力というのは発想力と同じぐらい積み重なった知識量にも左右されますから、小さい頃ほど恐怖は感じやすいのかなと同時に思ったり。それぐらい慎重な方がいいとは思いますけどね。

 

---

 

こう考えてみるとホラーってある意味一番ぶっ飛んだ発想力が必要とされる分野なのかもですね。怪奇現象って何でもありだからこそ一番考えるのが難しそう。

 

逆にホラーが大丈夫な人って加害可能性を全く感じないタイプなのか、感情がないのか、正常性バイアスがめちゃくちゃ強いのか、怖がりたくないから所詮フィクションと言い聞かせているのか、慣れすぎたのか、想像不可な状態に恐怖より好奇心が先行するのか……。わからん。

 

てなわけで、頭に思考がめぐりすぎて寝れなかったので吐き出してぐっすり寝ようという記事でございました。

4日で1000円ってまじ……?

※お金の話をするので見ないでください\(^o^)/

 

---

 

---

 

---

 

---

 

---

 

去年の今頃

 

f:id:intptan:20200205214134j:plain

 

 

今年の今

 

f:id:intptan:20200205214156j:plain

 

???

 

?????

 

??????????

 

f:id:intptan:20200205214301j:plain

 

---

 

---

 

---

 

これだけが収入源じゃないからまだいけそうだけどしぬでまじで。

 

延々と労働した後、ここで愚痴るのが心の癒しになりつつあるな。

最近wiki見るのにハマっているんやが

そこまで熱心に見ているわけではないのだけど、wikiの画像ってCC0とかパブリックドメインの結構あるんやね。

 

CC0もパブリックドメインもだいたい同じで、著作権が存在しないもの。(商標権や著作人格権はある場合もある)

 

二次利用や改変はもちろん、二次配布も可能なのでパブリックドメインの画像をイラストacあたりに上げたり、ニコニ・コモンズでフリー素材として公開したり、なんなら有料画像として販売したりしたら多少の小遣いぐらいにはなるかもなぁと思ったりした。

 

問題はこういうパブリックドメインの素材って大体出版社が著作物に使用してて、出典元表記せずに使ったりすると出版社が著作者として訴えをしてくるケースが有ることなんよね。

 

実際Youtube上ではパブリックドメインの音楽を使った動画で収益化をした時、「これ私が演奏した曲です」とYoutubeに申し出をして、広告費を不当にせしめるとかいうやばい案件がちらほらあるみたいだし。

 

【Youtubeには著作権を主張して利益を奪う業者がいる】|Shotaro Mitsuishi / studio Ne-Cluste (ネクラスタ)|note

 

地雷を踏んだ時のリスクに対して収益性はおそらくそんなでもない様子なので(いけて月1万~ぐらいな気がする)あれかもね。

 

もしもこの記事を読んで試してみた人が居たらどんな感じだったかコメントで教えてもらえると嬉しいです(^o^)

WEBで働いているのに画像最適化誤認してたんだが?

今日も今日とて資金不足によりケツが燃え上がりながら労働に勤しんでおりまして、今回は結構画像多めのサイトを作っているんですね。

 

ウェブサイトといえばとにかく軽さが命。

 

よくウェブページの読み込みに3秒かかると離脱率が大幅に向上し始めるなんて話がでているぐらい、サイトの軽さは命題なのです。

 

f:id:intptan:20200202203058p:plain

https://royal.pingdom.com/page-load-time-really-affect-bounce-rate/

 

画像を小さくしておかなければ1画像で数百KBになることもあり、何枚も画像を使うサイトだとその読み込みだけで数十MBほどに。当然読み込み速度も遅くなってしまいます。

 

で、画像を軽くする方法は色々あるんですが、よく「画像はJPGのが良い」みたいに言われていたような気がしてたので今日までPNG画像を見たらJPGに変換しておったのですよ。

 

それでもたまに忘れることがあったのでついPNGでサイトを作っておりまして、「ああ、直さないとな」と同じ画像をアップロードし直したところ

 

f:id:intptan:20200202203512j:plain

 

f:id:intptan:20200202203526j:plain

 

あ、あれ?

 

??????????

 

---

 

調べてみたところ色数によって画像容量と品質の最適拡張子が違う様子で、とにかくJPGにしておけばOKというのは違うみたいでした…。

 

今まで作ってきたサイトの画像は大体JPGのが良い形式だったので基本問題はなさそうですが、いやなにこれ無知すぎやん。

 

今後気をつけようということで思考整理も兼ねて記事にしておきました。