INTP型のブログ

苦味があるな?

あしたがあるさ~



結果-1700$ぐらい

 

欲張ってトレードし続けた結果がこれだよ!

 

仮想通貨知ってる人ならわかるけど、直近でlunaって通貨がぶっ壊れて価格が無限に下がっており、それに乗っかってプラス。ただしbotはそれの影響を受けてボロ負け

 

裁量でカバーして、botが減らす。みたいなことになってたのだけど、さっき欲張ってもう一回裁量したら大負け

 

結果botの負け分のみ残って原資2500$が800$弱

 

もう金もないし非常に厳しいっすねこれは……

 

---

 

でもめげないのです、やってしまったことはしょうがないの精神で明日を向くのです

 

ってことで考え

 

ビジネスをやろう

 

プログラマーとしての技術力も上がったので昔では実現できなかったアフィサイトを作れる、ということで作ろうという思い。一応企画は作ってあって、画面遷移図と画面の仮デザインはあるので、後は作るだけ。とりあえず金土日はこれやる

 

アビトラをやろう

 

今回のDD(ドローダウン)を受けて、mlbot回すのつら……となったのでアビトラも考えていく

 

一応これもcex-dex感の価格乖離を検知する仕組みは出来てるんだけど、今回の騒動で稼いだアビトラ民からどうやって稼いだのか少し聞いたので、こういうイベントが起きたときに素早くそれに合わせてコーディングできるようなフレームワークだけ作りたい

 

イメージ的には今回の騒動を例にすると

 

  1. USTがやばい
  2. USTが扱われているchainを探す(coin market capとか)
  3. chainにあるdexをリストする
  4. ustを扱っているcexをリストする
  5. cexのリストとdexのリストでustの価格乖離を見る
  6. 大きかったら頑張って資金を回す

 

という感じ(プログラム書く必要ぶっちゃけ無い)

 

あんまり良くわかってないけどレンディングとかフラッシュローンの仕組みが使えると資金効率が良くなる、らしい

 

多分cexのほうが早く影響を受けて、dexが後なのかな?全くしらんけど

 

今回でいうとustがペグ割れして1ustが0.5$とかのときに、dexがまだ1ust=1.0$扱いで回ってて、だから一回資金を運び出すごとに手数料抜きで考えれば2倍になるみたいな感じだったのかなとか思う

 

昨日の段階でそういった取引所を見つけて2ミリ稼いだという人がいたので、夢があるなぁという感じ。とはいえそうそうこんな大きな出来事はないだろうけど

 

というわけで結果として今回の仮想通貨イベントおお負けしたというは無しでした。メシウマしてくれ……

 

勝つまでやればいつか勝つんだよの精神で生きていきます、明日もあるし明後日もあるし、多分来年もあるはずなので

 

PS:未だに咳止まらんのだけど、咳をしても一人を2週間近く体験しておりますです…

ようやくブログ書けるぐらいには回復した…

ガチガチに体調崩してた

 

色々あって4/30に東京行って5/1には帰ってきたんだけど、どうやらその時に病気したっぽい

 

5/2は「なんか体調悪いような気もするな~」ぐらいだったのだけど、夜には爆熱になってた

 

何がきついって今もだけど扁桃腺が腫れすぎて何かしら飲み込むと激痛が走ることだよね

 

5/2の夜はあまりに痛すぎたので、寝付けても寝てる最中に唾液を飲み込んでいたらしく、その時の痛みで起きる。みたいなのを繰り返してて凄く疲れた

 

本当は3,4,5とbotの開発やら色々やろうと思っていたことがあったのだけど、寝込んでたら3連休も最終日になってしまってやるせない気持ちだよね…

 

まあ過ぎたことはしょうがないし、今からでも出来ることをやるだけなのだけど

 

そんな感じでした

 

風邪は辛いのでみなさんも風邪引かないようにー!

感情の研究

※個人の感想です

 

【最初】

 

  • 怒りとか喜びとか、一つ一つの感情に視野を当てるとキリがないのでもう少し大枠で考える

 

【前提】

 

  • 人間の判断基準は『相対的』なものであるとする
  • 相対的であるとした理由は後述する
  • 相対的であるとしたとき、感情を刺激する何かを判断するには『ベース』と『変化後』が必要になる
  • 『変化後 - ベース』の差が相対的部分になるため、ここが感情の刺激レベルになる
  • この2つの変数にプラスして、それを判断する人間の価値基準(要は価値観)がある
  • つまり、
  • 『ベース』『変化後』『価値観』の3つが感情変化を計算する上で必要な変数になると考える

 

【なぜ人間の判断基準は相対的であると言えるのか】

 

  • アンカリング効果を始めとして、人間は何かを判断するときにベースを決めるっぽいから
  • 具体的例をあげようと思えば他にいくらでも挙げれるけど、証明したいわけではないので割愛
  • 逆に絶対的であると証明できないから相対的でしょと言ってしまったほうが早いような気もする

 

【ベースの構築要素】

 

  • 考えるに二つ
  • 例えば感情変化を発生させるための一つのシーンがあったとしたとき、それがプレゼントだと仮定する
  • プレゼントのベースとなるのは
  • 『日常』と『過去の同一シーン』と考えた
  • 日常:いつもの風景や場所、状況等
  • 過去の同一(プレゼント)シーン:プレゼントを渡した人間、時間帯、関係値、雰囲気等
  • これらを土台に相対値を割り出していると思った
  • この『日常』や『過去の同一シーン』は基本的に変わらないと思うため、二つとした

 

【変化後の構築要素】

 

  • ベースに対しての変化値なので、ベースと同じ
  • 『変化後 - ベース』がプラスなら良い雰囲気になるし、マイナスなら悪い雰囲気になる
  • このベースと変化後をどのように捉えるかは人次第
  • 例えばフラッシュモブは大きな変化量を与えてくれると思うが、好き嫌いは分かれる
  • そのためここで判断する人間の価値観が出てくる

 

【価値観の考え】

 

  • 価値観はどのように構築されるのか
  • できる限りモデルはシンプルに考えるべきだと思っているので、価値観はその人の好き嫌いの積み重ね + 常識とした
  • 例えばゲームをプレゼントされたとする
  • そのゲームを嬉しいと思うか否かは単純にゲーム好きか否かは大きいはず
  • また、夜景のキレイなレストランでゲームをプレゼントはありえないという常識を持っていたなら、ゲームが好きであっても嫌悪感は出るだろう

 

【常識はどうできるか】

 

  • 常識は社会的なものだと思う
  • 社会とは自分の触れる世界で、テレビをよく見る人はテレビに影響されるだろうし、友だちとよく遊ぶ人は友達に影響される。ネットを見るならネットだ
  • また接触回数ではなく、重要度もあるはず。好きな芸能人から影響を大きく受けるなんてことは多いはず
  • つまり常識とは自分以外の多数の好き嫌いの積み重ねだと思った
  • そういう意味では価値観を考える場合はその当人の好き嫌いと、世間一般的好き嫌いを見ていくのが早いかもしれない

 

【なんで好き嫌いなの、考えじゃないの】

 

  • 人間は考え主導ではなく感情主導だと考えているから
  • つまり好き嫌いの感情的判断の後に、それを補強する考えがついてきているということ
  • アフィリエイトで訴求文書いてるとき痛感したのでそう思ってる
  • だから好き嫌いとした

 

【好き嫌いの構成要素は】

 

  • 知識や経験あたりだと思った
  • マナーを学べば汚い食べ方を嫌いになったりする、これは知識によって好き嫌いが生まれた瞬間
  • クチャラーと一緒に過ごして不快な食事を経験した結果、クチャラー嫌いになるのは経験ベース
  • 他にもありそうだけどそのへん

 

---

 

そんな感じ

 

創作は感情の刺激物でしかないみたいなのを見てからちょくちょく考えるようになったんだけど、単一の感情とかを深めようとすると沼だったので大枠で考えてた

 

一つのシーンに対して『ベース』『変化後』『価値観』の3変数にだけ注目すればいいのがこのモデルの良い点。悪い点は実際にはそれら3変数の中に沢山の変数があったり、どの感情を刺激したいかとかを組み込んでない点。まあそのへんは雰囲気

 

モデルがあるとPDCA回せるので、自分用のたたき台として考えた

 

例えば誰かにプレゼントを送るときに上3変数を考えてあげれば感情の刺激レベルと方向はなんとなく計算できるので、たとえそれが間違ったものだとしても根拠があるだけでも迷い具合が違うはず。具体的事例じゃなくて汎用性の高い抽象的判断基準が欲しかった感じ(後さっきも書いたけど根拠があるとPDCAできるのも大きい、ふわっとしてたらまず計画を練ろうとかになっちゃうので、そして計画とは…になる)

 

あとは今後創作したいなと思ったときに一つのシーンの価値判断をするのが楽になりそうとかも思った

 

人間が相対的な判断ばっかするというのはこの考えの中では一番ガチというか有用な部分だと思う

 

割りと時間軸に対しての相対性で捉えることが多かったんだけど、最近某お方のブログで『愛の大きさは自己資本に対しての提供割合』というのを見て、現時点のお金や24時間に対してのかけた時間、精神的負担や体力、色んな労力なんかをベースに相対的に捉えることも出来るなと思ったりして面白かった

 

まあ相対的だからといって不幸に慣れて何も感じなくなるのかといえば意外とそうでもなかったりするけど(漠然とした不安で精神壊して自死する人も多いので)

 

おわり

2022年4月トレード損益と反省

 

810$ 

810 * 129.79 円(20220501現時点レート) = 105129.9

 

+ 約105000円

 

【内訳】

  • mlbot 100%

 

やったこととか

 

色々検証をしたりはしてたけど、特段運用してるシステムに大きな変更があったわけでもないので、とりあえずめげずに回してた感じ

 

4月は2/3ぐらい損益が増えたり減ったりでだいぶ微妙だったなぁという思い。月末にかけて伸びてなんとかプラスで終わったという感じだった

 

dex botを作ろうと思って色々やってて、月末には試作機が出来たは出来たけど、なんか微妙なので改めて本質的なところを理解できてないと難しいのかもなぁとか思ったりしてた

 

蛇足

 

昨日今日と電撃で東京行って今帰ってきた、クソ疲れたなぁという感じ

 

前にキャバクラに連行されたとき奢ってもらった人に誘われたので断りづらく、気合い入れて行ってきた。まあ楽しかったのでヨシ

 

久々にガバガバ酒を飲んだのでとにかく気持ち悪いし、歩きまわってヘトヘトなので今日はもう何もせんです。明日仕事だし

 

5/3~5/5でdex bot開発が進んだらいいなぁという気持ち

未経験から半年ウェブ系エンジニアやってみて思ったこと

フロントエンドやるの面倒くさい

 

デザインの領域なので正解という正解がないし、クライアントやチームメンバーとのやり取りのために画面遷移図やらワイヤーフレームやら作るのめんどい

 

自分が見るだけだったら手書きで適当に作るけど、共有するものなのでそれなりに時間かかってしまうのが面倒(見てもらえるからこそ最初に調整して後楽できる部分もある)

 

あとは単純にhtmlとcss、もしくはvueやreactは記述量が増えがちな割に単純作業感があって面白くない。propsのバケツリレーとかメンドクサ!ってなるが、かといって何でもかんでもstoreやらreduxで扱うのはそれはそれで管理がだるくなる

 

個人でやるならこだわれたりして楽しい部分な気もするけど、組織でやる場合は自分からしてもクソダサデザインでGoサイン出されたりするので嫌だなぁって思う

 

バックエンドは楽しいコト多いが…

 

ぼくのかんがえたさいきょうのほしゅせい

 

みたいなのが他の人間のコードによって破壊されるの見てて悲しい

 

チーム全体で共有できればいいんだろうけど自分がいるところはそんなレベルではないので、各々が自分の正解を押し付け合ってる感。一つの文章の中に関西弁やら津軽弁やらが混ざっているような気持ち悪さがある

 

まあでも個人的にやってて楽しい部分かなとは今のところ思う

 

思ってたよりはプログラミング好きじゃない人がいる

 

自分はだいぶ好きだけど、なんか周りの人を見るにそこまでモチベーション高い人ばかりではないなと思った

 

dockerってなんですかと聞かれてある程度説明して、次また聞かれるような場面になったときに、自分が説明した領域以上の知識がなかったりするのでなんか残念な気持ちになってしまう

 

プライベートの使い方は人それぞれなのだから何も言えないけど、自分は新しい技術大好きなミーハーなので、知らない頃にdocker知ったときは使ってみたくてしょうがなかったから、なんかギャップが虚しいというかなんというか…

 

凄い人は凄い人でめんどい

 

自分の答えisジャスティスみたいな状況に陥ってたりするので、その人の顔色伺いながらコード書く羽目になったりしてこれはこれでしんどいなと思う

 

ただ凄い人にもざっくり3種類いて、

 

  1. 自分が領域に関してはちゃんと書く
  2. 自分の領域に関してはちゃんと書くし、協力してくれる人のコードも見る
  3. 自分の領域ちゃんと書くし、周りの領域の人達にもちゃんと書かせる

 

みたいな感じ。

 

なおここでいう”ちゃんと”は凄い人それぞれの正解みたいな所ある。

 

ただ素人の持つ正解に比べたらちゃんと学んでいるので共通している部分は多いと思う。

 

素直に言うことは聞くべきだけど、まあ多少の自由さも楽しみたいなぁというわがままが芽生える歴なわけです

 

出来ないタイプの人はなんか雰囲気でわかる

 

多分問題の細分化が出来ないタイプだと思った(他にも色々あるんだろうけど)

 

詰まってしまったときに何故詰まったのか言語化出来ないし、どうやれば言語化出来る状態に持っていけるかわかってない人は、なんか出来ないタイプなんだなぁと思ってしまう。

 

例えば車が走らなくなったときに「車が動かない!」で止まってしまう感じ

 

エンジントラブルなのかパンクなのかガソリン切れなのか、そういう問題の細分化が出来ない感じだと、エラーを一日中見てたりするなと思った

 

ほか、自分の知らない技術を使うシーンが発生したときとかも、問題の細分化能力がないとどうやって使える状態まで持っていけばいいのかがわからず、ずっと固まっちゃてるなという印象だった

 

ウェブ系だけじゃなくてもっと他のジャンルを学びたいと思った

 

個人的な感覚だけど、ウェブ系をやっていてもそのプロダクト自体で稼ぐというのは難しいような気がした

 

ウェブに何を載せるかが重要であって、ウェブだけでは受注開発が限界値になってしまうような感覚があった

 

もちろんそれでもいいとは思うけど、自分は誰かの開発をやるんじゃなくて、自分のアイデアを開発したいと思っているので、ウェブだけをやっていくのはゴール地点からそれてるようなきがする

 

機械学習はそれに対しての一つの答えになりうるかなとか少し思った(web3も興味深いけど、これはまた別の話になるようなきがする)

 

まあこれは当面実現できないし、なんならphpやりたくないので多分やらんので書いちゃうけど、アフィリエイターの経験上、関連記事表示機能に機械学習を取り入れたwordpressプラグインを出したら、多分界隈のブロガーの人脈使って伸ばせるなとか思った(実態がどうあれ、関連記事のまともなプラグインがないため、機械学習のキャッチーなフレーズで多分シェアを取れる)

 

なんというかウェブ系の技術はゲームでいうところのプログラム部分で、ほとんどのプロダクトに必要なんだけど、かといってそれだけでプロダクトを成り立たせることは難しい。というのが自分の今の感覚かなと思う

 

だからウェブ系技術自体はとても重要なのだけど、それ以外の技術を掘り下げていって次につなげていきたいとか思った半年目でした

 

おわり

 

知性は目に宿るのか

 

 

顔で知性がわかるとかいう研究はあったりするみたいなんですよね

 

男の知性は顔でわかる!という研究 | パレオな男

 

これはプラハ・カレル大学の研究でして、160人の被験者に80名の顔写真(男40枚・女40枚)を見せて「頭が良さそうに見える人」を選んでもらったところ、「頭が良さそうな顔」と評価された人ほど実際に知能テストの結果が高い傾向があったとか。


特に関連が大きかったのが、流動的知性と空間的知性の2つ。流動的知性は論理的に問題を解決する能力で、空間的知性は心の中に空間をイメージできる能力なんだそうな。


おもしろいのが、この現象は男性の顔写真を見たときにしか起きず、女性の顔を見ても知性の高さは判断できなかったらしい。また、男性の顔のどこを見て知性を判断しているのかは研究者にも不明で、「たぶん目の光とか色とか髪と肌の感じが関係あるんじゃないかなぁ…」ぐらいのレベルらしい。

 

なぜか女性はわからなかったらしい。

 

で、

 

男性の顔のどこを見て知性を判断しているのかは研究者にも不明で、「たぶん目の光とか色とか髪と肌の感じが関係あるんじゃないかなぁ…」ぐらいのレベルらしい。

 

とあるように、目とか見てるんじゃねとは考えられてたみたいです。

 

他にも

 

サイコパスとナルシストは顔を見ればわかるらしいぞ | パレオな男

 

 

みたいな話があるみたいです。

(超主観ですけど、高いほうが性別問わず美形に見えてしまう。俺だけ?)

 

ちな、

 

全体的に、ダークトライアドレベルが高い顔のほうがハッキリした顔立ちに見えますねぇ。

 

とか書いてありました

 

ダークトライアドの知性に関してですが、

 

A meta-analytic review of the Dark Triad–intelligence connection - ScienceDirect

 

↑これの結論だけ雑に見た感じだと、別にダークトライアドだと知的であるみたいな話はないっぽいですね(代償仮説もあるとはいえなかったらしい)(代償仮説:劣った部分があるから悪い性格で補う的なやつ)

 

https://srcd.onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/cdev.12272

 

他、目とIQに関わりありそうなもの拾うんであれば、読書のスタート時期が早いみたいな話があったりします。(本は目で読むので、目を使う時期が早いほど知的に育つ?的な)

 

---

 

ダラダラ書きましたが、何が言いたいかって言うと

 

  • 見た目から何かしらを判断して当たることはある

 

ってことです。

 

特に男の知性だったり、ダークトライアドな性質は見た目から読み取られる可能性が高いと言えると思います。

 

で、それらは実際どこを見て判別しているのか不明ではありましたが、冒頭のツイートを見てもしかしたら目がベースの判断軸になってるのかもなーと思ったという記事でした

 

確かにダークトライアドの顔判別とかも目に注目すると違いが見出しやすかったような気もしますし。

 

知性って情報を処理する能力と言えるかなと思うので、情報の90%は目から入ってくるとも言われますし、処理する力が高ければ目も活発に動いて多くの情報を得るし、逆にそうでなければ目は怠け、それが周りに伝わってしまう。ってかんじなのやもっすね

 

ちなみに僕は冒頭のツイートを見て何となく目をぐるぐる回してみたりしました。めっちゃしんど、ってなりました

乖離検知botぐらいは作れそう

EVMならなんとかできる気がした

※コードとか適当に書いてるので細かいとこ抜けてたりすると思います、例えばs抜けてたり、リンク貼っとくので詳しくはそっち読んでください

 

詰まったところ

 

情報探すの割りとムズい気がしたのでこの初歩レベルですら優位性な気がするけど、まあこれぐらいならいいやの精神

 

ABI

 

Contract Application Binary Interface(ABI)とは - アルゴリズムとかオーダーとか

 

俺もあんまり良くわかってないので雑にしか説明できないんだけど、DEXの特定の通貨ペアは特定のcontract addressから情報を取得できる

 

そのcontractを叩くためには上のABIが必要という感じ

 

ABIは通貨ペアのcontract addressから取得可能。具体的には例えばuniswapのeth usdtペアなら

 

https://etherscan.io/address/0x0d4a11d5eeaac28ec3f61d100daf4d40471f1852#code

 

こっからになる。(Contract ABIってやつ)

 

web3.pyで書くならabi.jsonで保存して、json.loadで読み込むのが早いかなーと思った。

 

1contractに1ABIある感じなのかはちょっとわかんない。何となくだけどchain単位とか何かしらの枠組み単位では同じな気がしている(未検証)

 

通貨ペアの価格取得

 

なにげに詰まった

 

web3pyからcontract叩いたら、getReserves()で取るのが正解な気がした(ほかもっといいやり方あったらよければコメントください)

 

その後reserve0とreserve1を割ってペア価格求める感じ

 

で、getReserves()で出てくる値は小数点取り除いた値らしく、それぞれのtoken addressに表記されてるdecimal分で割る必要がある。例えばusdcだったらdecimalが6なので、10**6で割ったりしてた。なんか他のやり方あるかも

 

あとその辺のcontractに対して用意されてるメソッドは

https://etherscan.io/address/0x0d4a11d5eeaac28ec3f61d100daf4d40471f1852#readContract

でチェックできる

 

スマートコントラクトとは何か? Smart Contractの定義 | block-chain.jp by コンセンサス・ベイス

 

ちなみにスマコンを叩くとかもこのcontractに対してのメソッドを使うこと言ってるのかなーと思った。わからんけど、スマコンとコントラクトの違い正直わからん、教えて

 

decimalはtoken0とかでtoken address引っ張れるから、それでcontract叩いて、decimal 引っ張ってくるのがスマートな気もした。abi別途用意必要ならちょっとめんどいけど

 

あと一個分かんなかったのはペアのアドレスもdecimals持ってる点かな。あれはtotal supplyとかペアが持ってる値を調整するための値なのかな。getReserves()とかでとれるtokenそれぞれの価格はまた別なのかもしれない

 

通貨ペアの価格取得で困ってること

 

あるDEXのペア価格の取得作ったら、なんか最新ではないっぽくて、例えば今だと23:30ぐらいなんだけど23:00のペア価格が取れちゃってるっぽいんだよね。厳密に言えば若干更新されてるっぽいけど、DEXに表記されてる価格と若干ずれがある感じ

 

getReserve()はリストで返ってきて、3つ目の値でブロック(データのこと)のタイムスタンプ(確認したデータの時間のこと、最新かどうかとかわかる)が入ってるんだけど、一応最新ブロックをチェックできるコード実行したら、タイムスタンプ同じだったんだよね

 

だから計算がおかしいかDEXがおかしいあたりかなーとは思うんだけど、よくわからないというね

 

その辺詳しい人コードください(嘘です、コメントでいいので一言ください)

 

---

 

まあとりあえずDEXの通貨ペア価格取れるようにはなったので、あとは複数DEXの複数通貨ペアのデータ拾っていけば価格乖離の検知botぐらいは作れそう

 

わかるまではムッズって感じだけど、出来るようになると何に悩んでいたんだって感じですわ

 

具体的にどんな感じでアビトラするかは伏せておきますが、多少行けそうなところは見つけたのでそれようにコード整形していく感じです

 

ただ現状コントラクト叩くとそこそこ重いんだよな、そこどーしよ(開発用に使ってるノートPCがおじいちゃんだからかもしれないけど)

 

とりあえずループで定期的に雑に価格情報取得するような仕組みだけ作ってみて、お試ししてみようかなーという感じです