INTP型のブログ

苦味があるな?

誠実な人間の見分け方

誠実な人を選びなさいなんていうのは友人選び、配偶者選びなんかの場面でよく言われたりしていますが、じゃあ誠実な人間ってどうやって分かるのよと言う問題があります。

 

そもそもの話、この”誠実”と言う言葉の曖昧さが罠で、なんとなく優しい人とか穏やかな人とか、ちょっとふわふわとしたニュアンスで捉えてしまって、誠実な人選びが更に難航するという問題があったりするわけです。

 

で、まあ俗にいう配偶者として最適な誠実な人間っていうのは

 

  • 目先の欲望に負けない、自己コントロール能力が高い人

 

という定義があったりします。

 

自己コントロール能力が高いからこそ喜怒哀楽の感情コントロールが上手なため優しかったり、穏やかだったりすると言う話で、優しかったり穏やかだから誠実な人というのは実は違うんすね。単純に自己主張が控えめなだけで、付き合いが長くなってからそれが表面化しちゃうパターンがありえちゃいます

 

話を戻して、つまりは誠実な人間を探したいなら自己コントロール能力が必要とされる力の高低を見ればいいってわけです。

 

自己コントロール能力が高い例

運動の習慣を持っている

あらゆる物事って習慣化すると感情が動かなくなるので、ロボットのように淡々と処理できちゃうんですが、逆に言うと習慣として身につくまでは感情が揺れ動きまくります。

 

そんなわけで大抵の人は「今年は○○しよう!」と思っても1ヶ月後ぐらいにはやってないということが往々としておこるわけっすね。

 

で、運動の習慣というのは身につけるのが結構難しい方であるため(うろ覚えだけど比較的疲れない運動でも80日ぐらいかかるとかなんとか)定期的に体を動かしている人は自己コントロール能力が高いと思われます。

 

 

勉強してる人

学生なんかは特にそうだと思いますが、自分があまり興味を持てないジャンルの勉強もしっかりこなせている人は自己コントロール能力が高いだろうと推測できます

 

そういう意味では高学歴な人間に狙いを定めるというのはある種合理的だし、そのために自分も勉強するというのは良いのかもと今更思ったり

 

もう学生じゃないから厳しいっていう場合は、休日に勉強してる人なんかを見つけられると良いかも。可視化しにくいので難しそうですが

 

肥満体型じゃない

肥満になるほど太っている場合は、大方食欲のコントロールが出来ていない→自己コントロール能力が低い。と推測できるので、体型が普通というだけでも誠実性は高いかもしれんです(もっというと運動習慣によって引き締まっているとなおよし)

 

誠実なのも弱点はあるでと言う話

 

誠実であると

 

  • 年収が高い!
  • 長生きする!
  • 結婚生活も良好!

 

https://yuchrszk.blogspot.com/2014/01/blog-post_7381.html

 

みたいな話がゴロゴロあるんですが、誠実性が高いなら高いで欠点もあったりします。

 

クリエイティブさが低くなる

 

誠実であればあるほど創造性が下がるみたいであります。

 

創造的な人には嫌な人が多いと言う話があったり、知性や柔軟な思考と誠実性は相反する性質を持っていたりで、難しいところっすね。

 

高すぎるとストレス激増で神経がやられる

 

誠実性が高すぎるとと強迫神経症のような状態になるらしく、ストレスが溜まりやすくなり神経がやばいようです

 

細かいことにも注意が向いて、常にカリカリしちゃう感じでしょうかね。なまじ自己コントロール能力が高いため、面倒くさいと思うようなことでもやれちゃうから全てをカバーしたくなっちゃうんでしょうな

 

---

 

誠実性が高いのは基本的にいいことなんですが、突き詰めまくっている人間は逆に危なかったりするのでちょい高めぐらいの人が最高なんしょうね。

 

まどろっこしいから診断やるのが早い

 

最終的にはこれが一番早いと思いますわ

 

www.sinritest.com

 

上記サイトでも十分信憑性の高い診断ができるかと

 

ちなみに診断結果↓

f:id:intptan:20190626145125j:plain

※情緒安定性→神経症傾向の逆だと思われ。自己ギャップは不明

 

ここの診断結果を踏まえた上で、パレオさんのサイトを『site:yuchrszk.blogspot.com 外向性』みたいな感じで検索かけると、色々面白い情報が掘れるので良いかと思いますよー、では

 

一姫二太郎をちょっと違う視点から見てみる

一姫二太郎というと、第一子が女の子で、第二子は男の子が良いというやつ。

 

理由を簡単に調べてみると

 

女の子のほうが丈夫。病気をしにくい。
性格的に男の子よりも穏やかな子が多く育てやすいという‘一般的な’観点
女の子はお世話好きな子が多いので、下の子のお世話や家事のお手伝いをしてくれることが多い

 

https://renovefudosan.com/andreno/show/2260

 

みたいな理由のようです。

 

---

 

最近見た面白い話に、弟ほど盗塁をする確率が高かった。っていうのがありまして、これはどういうことかというと兄弟の中でも後ろになればなるほどリスクを取るようになるっていう研究なんすね

 

これを踏まえて考えてみると、現代社会においても、過去においても。女性が率先してリスクをとる旨味というのは、男性よりも低くなってしまいますから、だからこそ一姫二太郎が推奨されているんじゃねと思えましたという。

 

 

評価して欲しいと言われると人は批判的になってしまう理由

※サリック効果本の造語だったんやが……。一応現象自体はあるっぽいけど、草生える

 

第一にネガティブな人間のほうが賢く見えてしまうからです。

 

全く同じ語彙レベルで作成された

 

  • 酷評レビュー
  • 絶賛レビュー

 

どちらがより頭の良い文章に見られたかを実験したところ、批判的レビューのほうが知性を14%、文学的な専門性は16%高く評価されたんですね。

 

これがまさにネガティブな人間のほうが賢く見える話の証左で、人は批判することのほうが知性をより必要とすると考えているようです。

 

まあ確かに楽天家で頭お花畑な人間と、偏屈で批判的な人間。どちらがより難しい問題に取り組めそうかと言われれば、どちらかといえば後者かなと思われがちなのはなんとなく分かる気がします。

 

ここまで考えてみると誰かに評価を前提として何かを見せたら批判されやすくなる理由がわかるんじゃないかと。

 

書評家の多くもしがちなのですが、「自分は賢い人間である」ということをアピールするために、どれだけ面白いと感じた作品であろうと、文章の何処かには批判的な言葉を交えるものです。

 

つまりは評価者としての立場を与えられると馬鹿だと思われたくないので、作品の欠点をどうにかして探してやろうとしてしまい、結果批判的になるという話であります。

 

サリック効果

 

この話に重ねて考えてみると面白い話としてサリック効果というものがあります。

 

サリック効果というのは簡単に言うと欠点をあえて晒すことで相手の警戒心を解く、みたいなやつのことです。

 

例えば1週間で痩せられる方法、みたいな話をされたら普通は「そんなうまい話あるわけ無いだろ」と思います。しかしこれに合わせて、「※ただし死ぬほどキツイです」とか書いてあれば、警戒心は比較的薄れます。

 

要するにサリック効果というのは、心の中にある警戒心をあえて言葉にしてあげることで「この人は欠点をしっかり伝えられる紳士な人間なんだ」と信用させることが出来るよねという話です。

 

逆に言えばここから分かることは信用していない人間に「これは○○が良くて、△△も良い、更に××もいいから使ってね!」と言われたら、警戒心が存分に増幅されて一切話を聞いてはもらえないという話でもあります。

 

もっといえば自ら欠点を晒すと「敢えて自分が弱点を指摘しなくても問題なさそうだ」と感じてもらいやすくなると言う話でもあるでしょう。

 

これを先程の話と重ねて考えてみると、他人に何かを評価してもらおうと思ったとき「自分の考えるこの作品の弱点」みたいなのを合わせて伝えたらサリック効果によって肯定的なレビューを受けられやすくなるかもねという話でした。

 

しかしメンヘラっぽくなる弱点もある

 

こういった「自ら弱点を晒す」と言う行為がカジュアルになりすぎると、メンヘラっぽくなるんですよね。

 

俺なんて……とか、私なんて……とか。

 

とにかく自信なさげに振る舞うことで「そんなことないって!」という肯定的な意見をもらいやすくするという生存戦略を取りかねないと言う問題があるんすな。

 

ネガティブな感情はポジティブな感情の7倍感染力があると言われており、更に言うとネガティブな精神状態は普通に幸福度を下げるというのもわかりきった話でありますから、いくつかの肯定的な意見をもらいたいがために他人も、自分自身も不幸にしかねないんですね。

 

そもそも他人に評価を求めるのが若干危ない

 

サリック効果の概念を利用して他者評価をコントロールするとかでんでんの前に、そもそも他人の評価なんてあてにならないから見せないほうが良いと言う話でもありますわな。

 

有数な投資家であれ買った銘柄全てが値上がりするわけじゃありませんし、大ヒットとなった進撃の巨人とある魔術の禁書目録といった作品も散々な評価をくだされたことだってあります。

 

これはヒットするぞと表彰されたような作品が逆に埋もれたなんて話も大量にあるわけです、セグウェイとか。

 

一応同業者は比較的正当な評価を下しやすいらしい

 

とはいえ他人の意見を取り入れる必要のある場面もあるため、そんなときどうすればよいかというと、同業の人間に聞いてみるのが良いようです。

 

またその評価はより短時間かつ直感的であったほうが良いとのこと。

 

これは

 

  • 特定の業種に対して創造力が高い人間は、その業種に対して経験の長い人間だった(ここで言う創造力は数ではなく社会的に役に立つかの質をベースとしたもの)
  • 詳しいジャンルに於いて30秒と5秒で評価を下したとき、5秒のほうが23%精度が高かった

 

と言う話からですね。

 

(もっというと深い経験 + 幅広い経験が最大級の創造力を生むのでその人が良い)

 

まあ創造力の話は評価する時にどれぐらい関わるかは主観的な部分なんですが、そもそもよりよい評価を下すためにはそれに詳しいことが求められますから、結局の所同業者に聞くのが一番っていう話になりますな。

 

小説は小説家に、漫画は漫画家に、絵画は画家に、音楽は音楽家に。

 

自分の糧となる評価は同業者に聞くのが一番でしょうね。

 

(そう考えると編集者や書評家の存在とは……? その職の前に評価する職業をやっていたとかでないと、話半分ぐらいで聞いたほうが良いのではと思ってしまうな)

子どもは天才的アイデアマンだが何も生み出さないという話

子供を観察してみるとごっこ遊びなんかをよくやっているのが分かる。

 

例えばおままごとなんかもそうだし、ヒーローごっこなんかもやっている。そこには料理はないし、家もない。敵も居ないし剣もないけれど、あたかもあるかのように認識してそれを楽しむ。

 

こういった何かを工夫して楽しむということにかけて子どもに勝るものはないと思うわけで、これは天才的アイデア力に支えられているからだと感じます。

 

しかし社会に役に立つアイデアと言う観点を持つと子どもは何も生み出せないです。

 

理由は2点。

 

  • 前提とする知識がないから
  • イデアを達成する精神制御力がないから

 

例えば今から新たな数学の発見をするには、現在ある数学の知識を頭に叩き込んでいることが前提でしょうし、仮に何か新しいひらめきを得たとしてもそれを証明するという長い道のりが待ってます。

 

これはあらゆる社会的に必要とされるものに共通していることですから、子どもは圧倒的なアイデア力を持ってはいますが、何も生み出すことはないというわけです。

 

---

 

実のところ知識量が増えるほど想像力が落ちるということがわかっています。いわゆる固定観念が邪魔をするってやつですね。

 

また面白いことに子供のように振る舞おうと意識するだけで想像力が上がったという研究データもあります。

 

つまりは先程書いた2点を抑えて、自分のアイデアを形にしようとすると、今度は創造力でつまずく可能性が上がるかもしれないという話です。

 

知識を獲得することやアイデアを実現することを努力と表現するとしたら、創造力とそれは相反する存在と言えます。

 

真に創造的な人間というのはこの相反する性質を乗り越えた人間なんでしょうね。

しにそう

1週間ほどタバタプロトコルバーピーを毎日やってみたところ、日に日に疲労度が高くなり今日に至ってはしにそうなんだが

 

この疲労感は陸上部だった頃以来な気がする、なんか身体全体がずっしり重い

 

「習慣化するなら日課にしたほうが楽なんだよなぁ」

 

と思って毎日やるようにしたんだけどだめだわ、一日置きぐらいにするべき。疲れで何もできん

 

 

マーケター(自称)的に激アツな本を見つけたので紹介したい

絵描き初心者のニートDL同人で月40万を稼いだ25の裏技

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07PJ28X45

 

って本ですね。

 

「なんか読むだけでイラスト神レベルに上手くなる本ねーかなぁ」とAmazonを彷徨ってたら見つけました

 

レビュー数22件で評価4.8とかいう、中国ステマかっていうぐらいの高評価に怪しさを感じながら手にとって見ますと、非常に激アツな中身になっておりますた。

 

具体的には

 

  • 月別の売上
  • DLsiteで実際に販売しているアカウントの公開
  • 解析データからの最適解

 

なんかが書かれてます、全部包み隠さずですよ? やばすぎでしょ

 

---

 

アフィリエイターである我々なんかはこういった情報の公開は競合を増やすことになるため、基本的にやりません。

 

やったとしても同じく有料の場でやるぐらい、もっというと価格は500円なんて生易しいものじゃなくて3000円とか下手すりゃ1万とかとってる人らもいます。

 

(なんなら実際に作っているサイトの公開はせず、転職ジャンルで○○万みたいな書き方したりする)

 

それぐらい実際の売上データっていうのはクリティカルなんですよ。

 

正直売上データだけでも500円の価値は余裕であるんですが、この本のすごいところはマーケティングが全く分からん人でも、書いてある内容をなぞるだけでマーケティングにおいて重要なところはだいたい抑えられるって点ですね。

 

下手なマーケティングノウハウ本買うより100万倍ぐらい価値あると思いますわ、まじで

 

(かすマーケ本だとなんの根拠もなしに、「弊社はこうやってます!」みたいなのゴリおりしてて、は?となる。「解析データから考えてのものなんだろうな!?」という感じ)

 

ブログやってるらしいので応援の意味を込めてリンク送っときます。

 

tarobaumu.com

 

今見てみたら体育会系絵描きらしいじゃないか……! 親近感湧くな(性癖は対立しそうだがね!)

 

---

 

PS.これ見たら同人活動やってみたくなるおね……サイト作るの飽きたし、Googleうざいからワシも同人活動したいおね……。ただ絵がなぁ……、なんかしら考えておこう……

スキンケア大学の凋落ぶりがヤバ過ぎるとワシの中で話題に

f:id:intptan:20190610110150j:plain

 

全盛期の100分の一以下になってますがな…………

 

スキンケア大学というとアフィリエイト界隈に空前の【医師が監修】をタイトルに入れるとかいう謎ノウハウを流行らせたサイトであり、一時期の美容関連ワードの寡占ぶりは凄まじいものがあったんすね。

 

それが今となっては100分の一以下のアクセスに……(ツール調査なんで実際の数値は分からんけど、割りかし精度高いのでだいたいこんな感じだとは思う)

 

最近はE-A-Tっていうのが流行ってて、噛み砕いて言うと

 

  • 記事の情報量!
  • 書いた人のブランド力!
  • サイト自体のブランド力!

 

が大事なんじゃねという。

 

記事の情報量に関してはだいたいノウハウで回りきってて差別化出来ないんで、後者2つに力を入れてるとこが多いんですよ。それらをまとめてサイテーションとか呼んでて、具体的な施策としては

 

  • サイトの指名検索を伸ばす
  • SNSを運用して筆者・サイトの認知度を伸ばす

 

なんかが主流っすね。

 

ただスキンケア大学はそういった面を怠ってたかって言うと、そんなこともないし、むしろ全力投球かましてたような気もするので結局の所は目立つとGoogleにやられるという感じが。

 

サイテーション伸ばしておけば検索流入以外でアクセス保てるし、意味がないってことはないんでしょうし、僕自身今はその方針で動いてますが、サイテーションこそ至高! みたいな今の考え方は【医師が監修】ってタイトルに入れておけば健康クエリは余裕とか言われてた謎ノウハウと似たような怖さがありますわ。

 

結局の所Google的には「検索エンジンをハックして金稼ぐのやめろ」っていう話で、検索流入以外のアクセスに対して、それ以外のアクセスが少なすぎるとハックサイトとみなされて飛ばされるって感じします。

 

だからスキンケア大学みたいに検索結果寡占したりすると、それを支える検索流入以外のアクセスが比率的に少なくなって飛ばされるのかなという。

 

そういう意味ではサイテーション頑張るのも意味あるんでしょうが、なんか最近のサイテーション論はとりあえずSNSで有名になればいい的な思考停止感があって嫌いなんすよね。

 

SNSとかにこだわらなくても、RSS購読なり、ブックマークからの直接アクセスなり、なんでもいいから検索以外の流入増やせばいいだけなのではという感じがするからかね。

 

結局の所SEOなんざGoogleがこうしたいと思ったら一瞬で変わる理論なわけで、そこを攻略しようとすると延々面倒くさい目に合う感じしますなー

 

---

 

なんか読み返したらサイテーション支持してるような支持してないような、ふわふわしてる感じあるな。

 

スキンケア大学のとんだ理由もサイテーション怠ったからじゃなくねという筋から、アクセスに対して物足りなかったという感じになってるし、公開しないほうが読者のためか……

 

と思いつつ、公開するやつ